ソフトバンク、既存LTE周波数帯700MHz・1.7GHz・3.4GHz帯を利用した5Gサービスを2月15日から順次提供開始

2月15日、ソフトバンクは既存のLTE周波数帯を利用した5G通信サービスの提供を、本日から千葉県、東京都および愛知県の一部エリアから順次開始することを発表した。

これまでソフトバンクの5G通信サービスは3.7GHz帯および28GHz帯で提供されていたが、今回からLTE周波数帯として提供されている700MHz・1.7GHz・3.4GHz帯も利用して5Gサービスを拡大させる。

LTE周波数帯を利用した5G通信サービスの提供を本日から順次開始

今回から新たに5G通信帯として提供される700MHz・1.7GHz・3.4GHz帯でのサービスは、5G対応機種のソフトウェアをアップデートすることで利用可能となる。

まずは2月15日から 「Xperia 5 II」 のソフトウェアアップデートが、2月18日から 「AQUOS sense5G」 のソフトウェアアップデートが実施される。その他、iPhone 12シリーズなどの5G対応機種についても、順次ソフトウェアアップデートを行なっていくとのことだ。

機種別の5G対応周波数帯とソフトウェアアップデート時期は以下のとおり。

ちなみに、ソフトバンクによると既存のLTE周波数帯を利用した5Gの通信速度は、SoftBank 4GもしくはSoftBank 4G LTEと同等になるという。さらに、スマートフォンの画面上に、5Gと表示されている場合でも、通信を行うと表示が 「4G」 に切り替わり、4G通信が使用される場合があると説明している。

ソフトバンクは5G通信サービスの早期全国展開を推進していく計画だ。2021年度末には約5万局、2025年ごろには約20万局の基地局での展開を目標としていて、徐々にエリアは拡大する予定となっている。サービスエリアの確認はこちらのリンクから。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
iPhone 12 mini レビュー | 片手で使えるコンパクトさが特徴のミニモデル。その魅力とは?

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。