ソフトバンク、2021年10月末までに5G基地局数2万局に。人口カバー率80%を達成へ

9月14日、ソフトバンクは新サービス発表会を開催。同社の5Gネットワークエリア拡大のロードマップを公開した。

ソフトバンク、2021年10月末までに5Gエリアの人口カバー率80%を目指す。基地局数は2万局に

ソフトバンクが設置した5G基地局は、9月13日時点で1万4000局、人口カバー率は59%に到達したとのこと。これを2021年10月末までに人口カバー率80%を目指し、基地局数2万局を達成するとのこと。

さらに2022年春までには人口カバー率90%を目指し、基地局の拡大を行っていくという。

さらに、イベント会場や商業施設など5Gの多接続、低遅延の利点を生かせるエリアについても今後整備を進めていく。現在の提供エリアについてはこちらから確認可能だ。

また、ソフトバンクは通信品質の向上に取り組んでいる。具体的には5Gの電波が弱い場所で5G通信を優先して接続しようとすることで通信速度が遅くなる 「パケ止まり」 の現象を抑えるべく、5Gと4Gそれぞれの電波状況に応じて両システムを最適に組み合わせたシームレスなネットワーク構成にする。さらに、5G基地局をクラウドに収容して展開することで、5G周波数帯によるCA(キャリアアグリゲーション)の提供が可能になり、より快適な高速通信が利用できるようになる。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
iPhone 12 mini レビュー | 片手で使えるコンパクトさが特徴のミニモデル。その魅力とは?

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。