SoftBank、5Gの商用サービスを3月27日に開始 月額料金は実質据え置きに

3月5日、ソフトバンクは5Gの商用サービス 「SoftBank 5G」 を、2020年3月27日に提供開始することを発表した。

「SoftBank 5G」 は、高速・大容量・低遅延の通信が可能な第5世代移動通信システム(5G) の商用サービス。今春にサービス開始とアナウンスされていたが、正式にサービス開始日が発表された形。

「SoftBank 5G」 が2020年3月27日にスタート

「SoftBank 5G」 は現在契約している対象料金プランに加えて、「5G基本料(月額使用料1,000円)」 に加入することで利用できるようになるが、「5G基本料」 の月額使用料が2年間無料になる 「5G無料キャンペーン」 によって、現在提供されているプランから実質据え置き料金で利用することが可能だ。同キャンペーンは2020年8月31日まで実施し、申し込みは不要。

「SoftBank 5G」 は5Gに対応した機種であれば基本的にどれでも利用できるが、対象機種の購入と同時に新規契約(MNP/番号移行)、機種変更または契約変更をして、下記の対象料金プランに加入することが利用条件となる。

  • 「基本プラン(音声)」 「基本プラン(データ)」 のいずれかに加入すること
  • 「データプランメリハリ」 「データプランミニフィット」 「データプラン1GB(スマホ)」 「データプラン1GB(ケータイ)」 「データシェアプラス」 のいずれかに加入すること

「SoftBank 5G」 が利用できるエリアは現時点では限られるとのこと。主要都市の一部のみで利用できるが、大部分の地域はまだ利用できないようなので契約の際は注意が必要。今後は提供エリアを順次拡大予定で、2021年12月までに人工カバー率90%を目指すとしている。

ちなみに、USIM単体契約のユーザーは上記対象料金プランに加入し、5Gに対応した機種を使用していることを申告することで上記キャンペーンが適用できるとのことだ。

関連記事
楽天、月額2,980円で通信し放題 「Rakuten UN-LIMIT」 発表 300万人まで1年無料で提供へ

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。