ソフトバンク、5G対応スマホ4機種を発表。機種代金の支払いがお得な新プログラム 「トクするサポート+」 も明らかに

3月5日、ソフトバンクは5G商用サービス 「SoftBank 5G」 を今月27日から提供開始することを発表したが、同発表に合わせて 「SoftBank 5G」 が利用できる最新スマートフォン4機種を発表した。

Softbank 5G対応スマホ4機種が3月27日以降に順次発売

発表された新型スマートフォンは以下の4機種。いずれも 「SoftBank 5G」 の提供が開始される3月27日以降の発売となっている。

機種名 主な特徴 発売日
AQUOS R5G
(シャープ製)
「AQUOS」 史上最大の約6.5インチの 「Pro IGZOディスプレー」 を搭載し、超高精細8K動画の撮影ができるスマホ 3月27日予定
(3月6日予約受付開始)
ZTE Axon 10 Pro 5G
(ZTE製)
最新のチップセットなどを搭載し、大容量コンテンツが快適に楽しめる、約6.4インチの有機ELディスプレーを搭載したスマホ 3月27日予定
(3月6日予約受付開始)
LG V60 ThinQ 5G
(LGエレクトロニクス製)
同梱されている専用ケースを装着し、2画面だからこそ可能なマルチタスクで革新的なスマホライフを楽しめるスマホ 4月下旬以降
OPPO Reno3 5G
(OPPO製)
画面占有率約93.4%を実現した約6.55インチの有機ELディスプレーや、4つのカメラを搭載したスマホ 7月下旬以降

今回発売する5G対応スマホを購入した方向けに、「5Gスマホを買ってVRゴーグルもらおうキャンペーン」 を実施する。同キャンペーンは、上記4機種を購入したユーザーに、先着でVRゴーグルをプレゼントするというものになる。

また、「AQUOS R5G」 あるいは 「ZTE Axon 10 Pro 5G」 を購入し、各メーカーの専用ページから応募された方全員にPayPayボーナスをプレゼントするキャンペーンも実施されるとのことだ。各スマートフォンの特徴はこちらのプレスリリースからご確認いただきたい。

機種代金の支払いがお得になる新プログラム 「トクするサポート+」

今回の5G対応スマートフォンの発表に合わせる形で、ソフトバンクはスマートフォンをお得に購入できる新しいプログラム 「トクするサポート+ (プラス)」 を2020年3月27日に開始することを発表した。

「トクするサポート+」 は対象機種を48回払いで購入した方が以下の2つの特典のうちどちらかを選択できるというもの。

  • 購入から25カ月目以降にソフトバンクが指定する機種を再購入し、対象機種(旧機種)の回収&査定を完了した場合、残っている分割支払金または賦払金の支払い(最大24回分)が不要になる。ただし、旧機種がソフトバンク指定の査定条件を満たさない場合は追加で最大2万2,000円(不課税)の支払いが必要になる。
  • 購入から13カ月目以降に、指定機種を再購入せず、ソフトバンクが定める条件で対象機種(旧機種)を引き取り、査定を完了した場合、ソフトバンクが定める額のPayPayボーナスを付与。

対象機種は3月27日以降に発売するソフトバンクのスマホやタブレット、ケータイで、3月26日までに発売済みの商品については現在提供されている「トクするサポート」 の対象機種となる。

「トクするサポート+」 のプログラム利用料は無料。ソフトバンクの回線契約はなくとも契約できる。

関連記事
SoftBank、5Gの商用サービスを3月27日に開始 月額料金は実質据え置きに

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。