「GeForce NOW powered by SoftBank」 2020年6月にサービス開始。料金体系は月額1,800円に

3月5日、ソフトバンクは 「SoftBank 5G 新商品・新サービス発表会」 をYouTubeなどで実施。以前からベータテストを行なっていたクラウドゲームサービス 「GeForce NOW powered by SoftBank」 を、2020年6月から正式展開することを発表した。

「GeForce NOW powered by SoftBank」 、2020年6月からサービス開始

「GeForce NOW powered by SoftBank」 は、NVIDIAが提供するクラウドゲームサービス 「GeForce Now」 の日本サービス。日本ではソフトバンクとタッグを組む形で展開する。

ゲームの処理を 「GeForce NOW」 のサーバー側で行い、それを各デバイスに映像としてストリーミング配信するため、スペックが低いPCやタブレット、スマートフォンなどでも高画質・高負荷なゲームが楽しめる (ストリーミングの配信解像度は1080p/60fps)。

海外では2月5日からサービス展開が開始されていたが、日本では6月からソフトバンクの5Gコンテンツ 「5G LAB」 内の 「GAME SQUIRE」 で提供開始となる。

配信タイトル数は400以上。料金体系は月額1,800円だが、7月末までは一部コンテンツを除いた形で無料で提供するとのことだ。

関連記事
SoftBank、5Gの商用サービスを3月27日に開始 月額料金は実質据え置きに
ソフトバンク、5G対応スマホ4機種を発表。機種代金の支払いがお得な新プログラム 「トクするサポート+」 も明らかに

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。