ソフトバンク、「アメリカ放題」 無料化。iPhone・iPad以外も対象、AT&TやT-Mobile回線も利用可能に

2月25日、ソフトバンクは同社が提供する海外サービス 「アメリカ放題」 の内容を改訂することを発表サービス利用料が無料化され、現在加入する料金プランのまま、米国でも同じように通信・通話することが可能になる。

「アメリカ放題」 が無料で利用可能に

「アメリカ放題」 は、米国内での通話・SMS・データ通信が利用し放題になるサービス。これまではiPhoneとiPadのみが同サービスを利用できたが、今回の改定によってソフトバンクで販売されるすべての機種が対象となる。

また、ネットワークもこれまでスプリントのみが利用可能だったが、新たにAT&TやT-Mobile USAといった他事業者のネットワークも追加され、ネットワークを気にすることなく快適に利用できるようになる。

対象機種
iPhone・iPad・スマートフォン・タブレット・ケータイ・モバイルWi-Fiルーター

対象通信事業者
Sprint、T-Mobile USA、AT&T、Union、CLARO PUERTO RICO

利用可能エリア
アメリカ本土、アラスカ、ハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(アメリカ領)

さらに嬉しいことに、これまで月額980円(税込)だった利用料も無料に。申し込みも不要となるため、ソフトバンクユーザーは急ぎの用事で米国に行っても、いつもどおり通信・通話が可能になる。

改訂は2020年3月7日から。改定後に 「アメリカ放題」 を利用するには、使用する機種の 「データローミング」 設定をオンにする必要があるとのことだ。

関連記事
ソフトバンク、新料金プラン 「メリハリプラン」 「ミニフィットプラン」 発表。データ量が少ない月は料金も安く

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。