ソフトバンクでiPhone 13に乗り換え購入するとどれくらいお得?各種割引・特典をまとめてみた

新しいスマートフォンをキャリアで安く購入するには、「他社からの乗り換え(MNP)」 をうまく使うことが重要だ。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの国内大手4キャリアは、いずれも乗り換えユーザー限定の割引キャンペーンを実施していることが多く、うまく活用すれば新規・機種変更ユーザーよりも機種代金を安く済ませることができる。

たとえば、先日予約受付が開始された 「iPhone 13」 シリーズでも、各社さまざまな割引キャンペーンを実施している。さらに乗り換えユーザーは料金プランが割引されることもあり、iPhone 13シリーズへの買い替えとキャリア変更を一緒にすることで、機種代金も月々の利用料金もおトクにすることが可能だ。

今回は4キャリアのうち、ソフトバンクに乗り換えた場合に発生するメリットについて調査してみた。iPhone 13シリーズの購入とキャリアの乗り換えを検討している方は、ぜひご一読いただきたい。

ちなみに、今回は乗り換え時に機種代金の割引が受けられることを前提とするため、料金プランは 「メリハリ無制限」 で、ソフトバンクオンラインショップまたはソフトバンク電話店での乗り換えを想定している。

オンライン限定 「web割」 で機種代金が最大21,600円割引

まずはどのキャリアに乗り換えても得られるメリットとしてあげられるのが、割引キャンペーンを利用して機種代金を安くできること。

ソフトバンクは乗り換えユーザーに対して 「web割」 という割引キャンペーンを実施中で、キャンペーン対象機種の購入と同時にソフトバンクに乗り換えることで、機種代金を最大21,600円安くすることができる。

割引金額は機種によって決まっていて、たとえば 「iPhone 13」 シリーズを購入する場合はキャンペーン最大金額の21,600円が割引される。もし他のスマートフォンを購入する場合は、こちらのページから対象機種と割引金額をチェックしていただきたい。

「web割」 を利用する上で注意していただきたいのは、同キャンペーンが適用されるのがソフトバンクオンラインショップまたはソフトバンク電話店で乗り換えた場合のみに限定されること。ソフトバンクの実店舗で乗り換えた場合は対象外となるので、必ずソフトバンクオンラインショップまたはソフトバンク電話店で乗り換え手続きを行っていただきたい。

関連記事
ソフトバンク、iPhone 13を他社からの乗換えで購入すると 「web割」 でさらに21,600円おトク

PayPay関連の特典・キャンペーンが多い

ソフトバンク独自のメリットとしてあげられるのが、PayPayに関する特典やキャンペーンが多数あること。さまざまな条件でPayPayボーナスを受け取ることができることから、PayPayで支払いすることが多い人にはかなりの恩恵があると言えるだろう。

中でももっとも注目すべきは、ソフトバンクのスマホユーザー限定で提供される 「スーパーPayPayクーポン」 。毎月提供されるクーポンを対象のお店で使うことで、最大半額相当のPayPayボーナスが戻ってくる。

クーポンが利用可能になるのは2021年10月18日からとなっているが、すでに対象店舗は公開されていて、コンビニやドラッグストア、外食チェーン店など、誰もが利用するようなお店のクーポンが多い印象。日常の買い物や外食費を安くできる点を重視するなら、ソフトバンクとの相性は良いかもしれない。

ソフトバンクでは、「Hulu」 や 「Netflix」 「DAZN」 などの人気エンタメサービスの利用で月額料金の最大20%がPayPayボーナスとして毎月戻ってくる 「エンタメ特典」 も。エンタメサービスをずっと使い続けたい人には嬉しい特典だ。対象サービスと還元額は以下のとおり。

ソフトバンクプレミアム 「エンタメ特典」
対象サービス 月額料金(税込) 還元率 1ヶ月のPayPayボーナス還元額
Hulu 1,026円 10% 93円相当
Netflix 1,490円 10% 136円相当
ABEMA 960円 20% 175円相当
TSUTAYA TV 1,026円 20% 187円相当
DAZN 1,925円 10% 175円相当
LINE MUSIC 980円 20% 178円相当
GeForce NOW Powered by SoftBank 1,980円 20% 360円相当

また、これらのほかにも、長期継続特典・子育て応援特典などのPayPayボーナスの提供、特定の曜日でPayPayモールやebookjapanを利用したときのPayPayボーナスの還元など、PayPayに関する特典はかなり多い。

ソフトバンクに乗り換えてPayPayを使わないのはかなりもったいないので、まだPayPayを使ったことがない方は乗り換えと同時にPayPayの利用手続きも進めておこう。

YouTube Premiumの利用がおトク(2020年開始予定)

ソフトバンクは9月14日に開催された新サービス発表会で、「メリハリ無制限」 に加入しているユーザー向けに 「YouTube Premium」 を6ヶ月無料で利用できる特典を提供することを発表している。提供開始は2022年を予定していて、詳細が決まり次第案内があるとのこと。

また、6ヶ月の無料期間が終わったあと、7ヶ月目からは 「YouTube Premium」 国内正規価格の25%オフの料金 (2021年9月時点では月額880円) でずっと利用できることも案内されている。

2022年開始とのことなのでまもなく提供が開始されるはずだ。ソフトバンクに乗り換えておけば正規料金で利用するよりも圧倒的におトクなので、YouTubeを広告なしで快適に見たい人は注目していただきたい。

関連記事
ソフトバンク、「メリハリ無制限」 加入者にYouTube Premium 6カ月間無料提供。7カ月目以降も25%オフ

まとめ:ソフトバンクはPayPay・エンタメに強み

以上のメリットを踏まえると、ソフトバンクは総合的にPayPayやエンタメサービスを利用する人に大きなメリットがあるキャリアであると言えるだろう。

新型iPhoneが発表されたことで、機種代金の割引目当てに他キャリアへの乗り換えを検討している方も多いとは思うが、iPhoneがいくらおトクに買えるかだけでなく、スマホ決済や各種エンタメサービスなどで普段の生活を充実させたいという方にもっともオススメだ。

もし当記事を読んで 「自分はソフトバンク向きかもしれない」 と感じた方は、ぜひソフトバンクへの乗り換えを検討してみていただきたい。

関連記事
iPhone 13 全種類の性能・違いを比較。iPhone 13 mini/13/13 Pro/13 Pro Max、オススメはどのモデル?
iPhone 13 価格比較。Apple公式サイト、ドコモ、au、ソフトバンク安く買えるのはどこ?発売日・予約開始日もチェック

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。