ソフトバンクとワイモバイル、50GBの追加データ無償提供期間を5月31日まで延長

今年4月から、ソフトバンクは新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、25歳以下のソフトバンクならびにワイモバイルユーザー向けに追加データの購入料金を最大50GBまで無償提供している。

当初、この無償化期間は4月30日までと案内されていたが、新型コロナウイルス感染症による影響が長引いていることから、ソフトバンクは期間を5月31日まで延長することを発表した。

同措置は学生のオンライン授業などでスマホ活用を支援するためとしており、さらにこの期間中はテザリングオプションの利用料金も無償化される。

ちなみに、ソフトバンクの 「ミニモンスター(データ量上限50GB)」 や 「ミニフィットプラン(データ量上限5GB)」 など、毎月のデータ使用量に応じて定額料が変動するプランを利用している場合は、データ量上限に到達した後に購入する追加データ分が無償の対象となる。追加データの購入はMy Softbank/My Y!mobileならびに電話で手続き可能だ。

関連記事
ドコモ・au・ソフトバンクの三社、50GBまでデータチャージ無償化 25歳以下のユーザーが対象

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。