「ソフトバンクでんき」2016年4月始動!申込受付は来年1月を予定

ソフトバンクは、「電力小売り自由化」に伴い「ソフトバンクでんき」という電気サービスの提供を開始することを発表した。

「ソフトバンクでんき」、2016年4月から利用開始に

来年の電力自由化により、ソフトバンクは新たに電力サービスを開始することを発表した。

softbank-denki

サービス名称は「ソフトバンクでんき」となっており、ソフトバンクで回線を持っているユーザーが「ソフトバンクでんき」で電気契約を結ぶと、「セット割」料金が適用され、利用料金が下がるという仕組みだ。

プランや料金などの詳細はまだ明らかにされていないが、2016年の1月中には発表する予定であるとのこと。申込受付も同時期に開始するとしており、ソフトバンクユーザーは要チェックだ!

東京電力と提携と噂

ソフトバンクは電力事業者「東京電力」と提携をすることが報道されている。他の大手携帯会社も他の電力事業者と提携をする予定であることが明らかになっており、本格的に電力自由化への準備が進んでいるようだ。

【関連】「auでんき」が来年4月より開始、電気料金とのセット割引で料金が安くなる!

ちなみに今回の「電力の小売り自由化」は、我々ユーザーはどの電力事業者とも契約することができるようになるというものだ。

なので、東電の配電網内に住んでいる人は、必ず東電と契約しなくてはいけないというわけではなく、関西の人でも東北の人でも、東電と提携する「ソフトバンクでんき」と契約することもできる。

ユーザーは既存の電力インフラを使用するため、今までと変わらずに電気を使うことができる上で、料金が安くなる予定なのでメリットが大きい。

「ソフトバンクでんき」のプラン内容や料金プランが明らかになっていないが、現在ソフトバンクを贔屓にしている人なら、「ソフトバンクでんき」で電気契約を結ぶのもアリかもしれない。

続報は少なくとも来年以降になるため、それまで楽しみにしておこう!

[ via Softbank ]

softbank-denki
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう