ソフトバンク、eSIMサービスを7月14日から提供開始

7月14日、ソフトバンクは同社のスマートフォン向け料金サービスにおいて、eSIMの提供を開始したことを発表した。

ソフトバンクがeSIMを提供開始

eSIMは、通信サービスの利用に必要な加入者識別情報(プロファイル)を、スマホに遠隔で書き込むことができる組み込み式SIM。これまでソフトバンクは低料金ブランド 「LINEMO」 や 「ワイモバイル」 においてeSIMを提供していたが、メインブランドにおいてeSIMサービスを提供するのは初めて。

ソフトバンクのeSIMサービスは、同社スマートフォン向け料金サービスにおいて利用可能。実際に利用するには、eSIMに対応したスマホなどにプロファイルをダウンロードするだけと簡単だ。

同サービスを利用することで、オンラインショップなどで新規契約をする際、eSIMで申し込めば物理SIMカードの到着を待つ必要がなく、最短1時間ほどで通信サービスを利用できるようになる。

すでに契約しているユーザーも店頭でeSIMに切り替えることが可能だが、利用するにはeSIM対応のデバイスが必要であることに注意が必要だ。iPhoneであればiPhone XSシリーズ以降が対応する。Googleスマートフォンであれば、Google Pixel 4以降が対応する。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
iPhone 12 mini レビュー | 片手で使えるコンパクトさが特徴のミニモデル。その魅力とは?

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。