ソフトバンクの 「学割放題」 はどれほどお得?併用できる割引やキャンペーンを徹底解説

国内の大手通信事業者3社のドコモ、au、ソフトバンクは、学生向けの割引サービスとして 「学割」 キャンペーンを毎年提供している。2019年も各社から学割キャンペーンが提供されており、いずれも5月31日までに契約することで様々な割引や特典を得ることができるようになっている。

このうちソフトバンクは、25歳以下のユーザーが 「ウルトラギガモンスター+」 もしくは 「ミニモンスター」 を申し込むことで利用料金が安くなる 「学割放題」 を提供中。同キャンペーンは他の割引サービスと組み合わせて利用することもできるため、月々の利用料金をぐっと安くすることができる。

今回は、この 「学割放題」 がどんなキャンペーンなのかを解説した上で、現在併用できるキャンペーンなどを徹底考察してみた。ソフトバンクは 「家族」 の定義が広く、遠くに住んでいる親戚やシェアハウス内の友人、同居中の恋人なども 「家族」 の対象となるため、25歳以下のユーザーの方はもちろん、上記で挙げた 「家族」 の中に25歳以下の方がいらっしゃる方はぜひ読んでいただければと思う。

ソフトバンクの2019年学割キャンペーン「学割放題」 とは

まず、ソフトバンクが提供している学割キャンペーン 「学割放題」 はどういうものなのか。

「学割放題」 は 「ウルトラギガモンスター+」 もしくは 「ミニモンスター」 を25歳以下のユーザーが契約することで、契約2ヶ月目から3ヶ月の間、月々の利用料金を割引するキャンペーンだ。

毎月割引される金額は 「ウルトラギガモンスター+」 が4,500円、「ミニモンスター」 が2,980円となっており、他の割引サービスと組み合わせて利用することで、契約2ヶ月目から3ヶ月の間、つまり契約2ヶ月目~4ヶ月目の基本料金を0円にまで安くすることができる。

「学割放題」 を適用するには、まずは契約するユーザーが25歳以下であることが条件となる。キャンペーン名に 「学割」 とついてはいるものの対象が学生に限定されているわけではなく、25歳以下であればすでに就職している方でも適用可能だ。回線名義は原則として25歳以下のユーザー本人の名義になるが、ユーザーが12歳以下の場合は親権者の名義で契約する必要がある。

次の条件としては、25歳以下のユーザー名義の回線で 「新規契約 (MNP含む)」 「機種変更」 「契約変更 (3G回線から4G回線への変更)」 のいずれかをした上で、「ウルトラギガモンスター+」 もしくは 「ミニモンスター」 に加入すること。機種変更の場合は、すでに 「ウルトラギガモンスター+」 もしくは 「ミニモンスター」 に加入していても適用となる。

上記2つの条件を満たして2019年5月31日(金)までに 「学割放題」 に申し込むことで、先ほどお伝えした3ヶ月の割引を受けることができる。

「学割放題」 と組み合わせ可能な割引サービス

「学割放題」 の詳細が確認できたところで、次は同キャンペーンと組み合わせることができる割引サービスについて解説する。

「学割放題」 に申し込んで 「ウルトラギガモンスター+」 を契約した場合、併用できる割引サービスは 「1年おトク割」 と 「みんな家族割+」 の2つ。「ミニモンスター」 を契約した場合は 「1年おトク割」 のみが併用可能だ。

それぞれの割引サービスの詳細は以下の通り。

1年おトク割 契約開始から12ヶ月間、毎月1,000円を割引
みんな家族割+ 同一家族割引グループ内の合計回線数に応じて一定金額が割引
(1人:0円、2人:500円、3人:1,500円、4人以上:2,000円)

これらの割引を含めて 「学割放題」 に申し込んだ場合の料金シミュレーションは以下の通り。「ウルトラギガモンスター+」 は 「みんな家族割+」 の対象となる家族が4人以上の場合、「ミニモンスター」 に関しては月々のデータ使用量を1GB未満にすることで3ヶ月0円で利用することが可能だ。

ウルトラギガモンスター+利用イメージ

ウルトラギガモンスター+(家族4人以上)
ウルトラギガモンスター+ (2年契約) 7,480円
通話オプション:なし (通話基本プラン) 0円
1年おトク割 (1年間) -1,000円
みんな家族割+ (4人で契約) -2,000円
学割放題 (3ヶ月間) -4,500円
合計 月額0円

ミニモンスター利用イメージ

ミニモンスター(データ使用料:月1GB未満)
ミニモンスター (2年契約) 3,980円
通話オプション:なし (通話基本プラン) 0円
1年おトク割 (1年間) -1,000円
学割放題 (3ヶ月間) -2,980円
合計 月額0円

「学割放題」 は契約2ヶ月目から適用になるため、4ヶ月目までは上記の料金で利用可能。ただし、自宅のインターネット回線をソフトバンク光にすることで適用できる 「おうち割 光セット」 は、残念ながら学割放題の割引期間中は適用されないため、割引が終了する5ヶ月目以降から適用となる点に注意が必要だ。

「学割放題」 契約時にiPhoneを安く購入する方法

「学割放題」 と組み合わせることができる割引サービスは以上となるが、次にユーザーの皆さんが気になるのがスマートフォン本体の機種代金だろう。「学割放題」 は 「新規契約 (MNP含む)」 「機種変更」 「契約変更 (3G回線から4G回線への変更)」 のいずれかの契約となるため、何らかのスマホを一緒に購入する必要がある。

それでは、機種代金も安く抑えるためにはどうしたら良いのか。もちろん古いスマホなど安いものを購入するのはアリだが、せっかくなら最新モデルを安くゲットしたい方もいるはず。今回は日本国内で絶大な人気を誇る 「iPhone」 シリーズの新しいモデルをソフトバンクで安く購入する方法を検討してみた。

ソフトバンクでは、iPhoneを48回払いで購入し、25ヶ月目以降にそのiPhoneと引き換えに新しい機種を購入することで残りの支払金額が不要になる 「半額サポート for iPhone」 が提供されている。同キャンペーンの対象端末には最新iPhoneの 「iPhone XS」 「iPhone XS Max」 「iPhone XR」 も含まれているため、これらを半額で購入可能だ。

各iPhoneのストレージ容量ごとの最大割引額は以下の通り。ちなみに iPhone XR」 に関しては、現在 「ハッピープライスキャンペーン」 により10,800円がさらに割引されるため、半額以下で購入できる。最もお得に最新iPhoneを購入したい場合は 「iPhone XR」 がオススメだ。

「半額サポート for iPhone」 最大割引額
モデル名 ストレージ容量 機種代金 最大割引額 総額
iPhone XS 64GB 136,800円 68,400円 68,400円
256GB 155,040円 77,520円 77,520円
512GB 180,000円 90,000円 90,000円
iPhone XS Max 64GB 149,760円 74,880円 74,880円
256GB 168,000円 84,000円 84,000円
512GB 192,960円 96,480円 96,480円
iPhone XR 64GB 95,760円 58,680円 47,880円
128GB 102,000円 61,800円 51,000円
256GB 114,000円 67,800円 57,000円

以上の内容を踏まえると、ソフトバンクの 「学割放題」 では25歳以下のユーザーの3ヶ月間の月額料金を最安0円にすることができ、個人での契約はもちろん、家族でソフトバンクを契約している場合も全体の月額料金をかなり安くできることがお分りいただけたと思う。契約時にiPhoneを購入するのであれば 「半額サポート for iPhone」 で最新モデルも半額にできるほか、iPhone XRなら 「ハッピープライスキャンペーン」 でさらに機種代金を安くできる。

冒頭でも少し説明したが、ソフトバンクは家族割が適用できる範囲が広く、家族以外にも遠くに住んでいる親戚やシェアハウス内の友人、同居中の恋人なども 「家族」 として契約して割引が適用可能だ。身近に25歳以下の方がいるなら、ソフトバンクの利用を勧めてみてはどうだろうか。

「学割放題」 を申し込む場合は、お近くのソフトバンク取扱店へ。もしくは、20歳~25歳以上のユーザーはオンラインショップからも申込可能だ。オンラインショップで契約する場合は以下のリンクからどうぞ。「学生放題」 の申込は2019年5月31日(金)まで可能だ。

関連記事
【レビュー】「iPhone XS Max」が生まれた意味を考える 新デザインiPhoneが本格普及なるか
【比較】「iPhone XS」 「iPhone XS Max」 の違いとは?選ぶ際のポイントを解説
【徹底比較】「iPhone XS」と「iPhone XR」のスペックを比べてみた 買うならどっち?

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。