ソフトバンク、機種代金が最大半額になる 「半額サポート+」 発表 9月13日に提供開始

9月9日、ソフトバンクは新サービス発表イベントを都内で開催し、新プログラム 「半額サポート+」 を提供開始することを発表した。

「半額サポート+」 は9月13日から提供開始予定。利用するには月額390円が必要だ。

ソフトバンクが 「半額サポート+」 を9月13日から提供開始

「半額サポート+」 は、スマートフォンの購入費用を抑えるためのサービス。これまで提供されていたものと似ているが、今回発表された 「半額サポート+」 は、総務省が求めていた 「通信料と端末代金の分離」 に対応し、さらにソフトバンクの回線を契約していないユーザーでも購入できるのがポイント。

システムはシンプルで、まずユーザーは 「半額サポート+」 を使ってスマートフォンを4年の割賦契約 (48回払いで購入) で購入。その後2年間利用し、新しいスマートフォンに乗り換えたいと思ったら、それまで使っていたスマートフォンを返却することで最大2年分の残債の支払いが免除になる。

もちろん、2年経過後も引き続き同じスマートフォンを使い続けることも可能。もし買い換えなかった場合は、毎月支払っていたプログラム利用料(月額390円)がPayPay等で還元される。

補足:10月1日以降、電気通信事業法の改正で端末割引は上限2万円に限定するとされているが、ソフトバンクの解釈ではこの法律はあくまでも通信料金と端末代金をセットで契約した場合の話で、「半額サポート+」 については通信料金と端末料金は分離しているため、この制限を受けることはないとの認識のようだ。

また、「1年買い換えオプション」 なるものが用意されており、1年ごとにスマートフォンを買い替えるユーザーのためのオプションも用意されている。

これは同プログラムに加入してから1年以上経過したユーザーが最新スマートフォンに乗り換えたい場合、13ヶ月~24ヶ月分のプログラム利用料金を支払うことで最大24ヶ月分の端末代金が免除されるというものになる。

「半額サポート+」 を利用してスマートフォンの乗り換えを行うには、旧機種の返却が必要になるが、その際には簡単な査定が必要となる。査定には一定の条件が設けられており、もし査定条件を満たせない場合は追加で2万円の支払いが必要だ (あんしん保証パック with AppleCare Services・あんしん保証パック・あんしん保証パックプラスに加入している場合は2,000円の支払い) 。

査定基準を満たないケース
・電源が入らない
・初期化されていない
・ガラス・筐体が破損している
・液晶表示が異常・タッチパネルが動作不良
・筐体が変形している
・メーカー保証が対象外(改造など)

「半額サポート+」  はまずはソフトバンク回線を持つユーザー向けに9月13日から提供を開始する。さらに、ソフトバンクの回線を持たないユーザー向けには9月26日から提供を開始する予定だ。

ちなみに、これまで提供してきた 「半額サポート」 と 「機種変更先取りプログラム」 については9月12日を持って新規申し込み受付を停止するとしている。

関連記事
ソフトバンク、契約期間&違約金のない料金プランを9月13日に提供開始 既存プランから違約金なしで変更可能
KDDIとソフトバンクが5G基地局の早期整備で提携 両社保有の基地局を相互運営

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。