ソフトバンク、LINEモバイルを吸収合併。2022年3月1日に効力発生

10月22日、ソフトバンクは同社完全子会社であるLINEモバイルを吸収合併することを決定したと発表した。

効力発生日は2022年3月1日。ソフトバンクを存続会社とする吸収合併方式となり、吸収合併と同時にLINEモバイルは解散する。

ソフトバンクがLINEモバイルを吸収合併

この吸収合併は、LINEとソフトバンクグループ傘下 Zホールディングスの経営統合を機に、ソフトバンクがLINEプラットフォームを活用した新サービスを提供することについて協議し実現したもの。

ソフトバンクは2020年12月22日付で、「当社による LINEモバイル株式会社の完全子会社化および吸収合併に向けた検討に関するお知らせ」 のなかで、LINEモバイルの完全子会社化と吸収合併に向けた検討を発表。完全子会社化は2021年3月に決定されていた。

なお、LINEモバイルはMVNOサービス 「LINEモバイル」 を提供していた会社となるが、吸収合併後もソフトバンクが継続的にMVNOサービスを提供するとしている。

関連記事
ソフトバンクでiPhone 13に乗り換え購入するとどれくらいお得?各種割引・特典をまとめてみた
ソフトバンク、端末購入サポートプログラム 「トクするサポート+」 10月13日にリニューアル。スマホ買い替えが不要に

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。