ソフトバンク、メールアドレス持ち運びサービスを提供開始

12月20日、ソフトバンクは 「ソフトバンク」 および 「ワイモバイル」 ブランドにおいて、メールアドレス持ち運びサービスの提供を開始した。

メールアドレス持ち運びサービスは、両ブランドの回線契約を終了したあとでも、引き続きメールアドレスを利用できるサービス。ソフトバンクはS!メール(MMS)、ワイモバイルはMMSとY!mobileメールが対象となる。

利用料金は年額3,300円(税込)。2022年夏以降は月額330円でも提供するとのこと。

申込みは、ソフトバンクまたはワイモバイルの回線契約を終了した翌日から起算して31日以内に、My SoftBankから可能だ。

関連リンク:「メールアドレス持ち運び」のサービスを提供開始 | ソフトバンク

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。