ソフトバンク新ブランド、名称は 「LINEMO」 。3月17日に提供開始へ 最安料金を2,480円に引き下げ

2月18日、ソフトバンクはメディア関係者向けに 「オンライン専用新ブランドに関する発表会」 を開催。同発表会内で、3月からサービス開始予定としていたオンライン専用新ブランドの名称を 「LINEMO (ラインモ)」 に決定したと発表した。3月17日に提供開始する。

また、同ブランドで提供する低価格プランの最安料金についても変更を加えることが明らかにされた。音声通話のかけ放題オプションをプランから分離することで、最安2,480円にて利用できるようになる。以下、今回の発表詳細。

新料金プランの名称は 「LINEMO」 、月額料金は最安2,480円に

「LINEMO」 は政府からの携帯電話料金引き下げ要請を受けて誕生した低価格ブランド。ドコモの 「ahamo」 、KDDI (au) の 「povo」 と直接的ライバル関係にあり、当初の発表では月のデータ通信量20GB、国内通話5分まで無料の本プランを毎月2,980円で提供するとしていた。

ただし今回の発表で、新たに音声通話のかけ放題オプションを分離することが発表され、最安2,480円/月で利用できることに。国内通話をほぼする機会がないユーザーにとっては、無用だった 「5分の国内通話無料」 を外し、月々の利用料金を抑えられるメリットがある。通話オプションを利用しない場合の通話料金は国内20円/30秒。

「5分間の国内通話を無料」 にできる機能は追加オプションとなるものの、これを利用する場合でも以前の発表どおり2,980円/月で利用できる。また、さらに多く通話するユーザー向けに国内通話が完全定額になる通話定額オプションも月1,500円で用意される。

そのほか、LINEMOはテザリングや国際ローミング (オプション料のみ無料) なども利用可能。契約事務手数料やSIM交換・再発行手数料、MNP転出手数料、契約解除料いずれも0円(無料)となっている。いつでも好きな時に契約可能で転出も簡単だ。ちなみに契約はオンラインで完結できるようになっており、eSIMとeKYCに対応するため、即日で利用開始することが可能だ。

今回の発表によって、ソフトバンクの 「LINEMO」 はau 「povo」 の料金体系とおおよそ同じになる。ただしソフトバンクの場合は、LINEにおけるデータ通信は月々のデータ通信にカウントされない (ノーカウント) という特徴もある。LINEユーザーには、ソフトバンクの 「LINEMO」 は魅力的に映るかもしれない。

ちなみに、ドコモの 「ahamo」 は最安2,980円/月で提供予定とされているが、auとソフトバンクに対抗するため、近いうちに値下げが発表される可能性がありそうだ。

関連記事
ソフトバンク、ahamo対抗の新プラン 「LINEがギガノーカウント」 2021年3月に提供。LINEモバイルを吸収合併し、新ブランド立ち上げへ
ソフトバンク、新オンライン専用ブランドの先行エントリー申込み受付を開始。3,000円相当のPayPayボーナス進呈キャンペーン実施

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。