ソフトバンク、「トクするサポート+」 の名称を 「新トクするサポート」 に変更。サービス内容は変更なし

ソフトバンクは、10月13日から提供を開始した同社の端末購入サポートプログラム 「トクするサポート+ (2021年9月24日以降加入者向け)」 のサービス名称を 「新トクするサポート」 に変更すると発表した。変更は名称のみで、サービス内容の変更はない。

「トクするサポート+」 の名称が 「新トクするサポート」 に

ソフトバンクの 「トクするサポート+」 は2020年3月から提供されていた端末購入サポートプログラム。端末を48回払いで購入し、25か月目に別の機種を買い換え&旧機種を回収に出すことで最大24回分の支払いが不要になるというものだった。

しかし、2021年10月13日に同プログラムのサービス内容がリニューアル。従来までは最大24回分の支払いを不要とするためには旧機種の回収と特定機種への買い替えが必要だったが、リニューアル後は機種の買い替えなしで旧機種を回収に出すだけで支払いを不要とすることができるようになった。

上記のリニューアル後のサービス内容が適用されるのは、2021年9月24日以降に 「トクするサポート+」 に加入したユーザーのみで、9月23日以前に同プログラムに加入したユーザーは旧サービス内容のままになる。

このことから、プログラム名称が 「トクするサポート+ (2020年3月27日〜2021年9月23日)」 「トクするサポート+ (2021年9月24日以降加入者向け)」 と複雑になってしまっていた。

今回の変更により、2021年9月24日以降の加入者向けに提供されている新サービス内容のプログラムが 「新トクするサポート」 になったことで、端末購入サポートの名称が以前よりも分かりやすくなった。

旧名称 新名称
トクするサポート+ (2020年3月27日〜2021年9月23日) トクするサポート+ (2020年3月27日〜2021年9月23日)
トクするサポート+ (2021年9月24日以降加入者向け) 新トクするサポート

ちなみに、今回変更されたのは端末購入サポートプログラムの名称のみで、サービス内容に変更はない。「新トクするサポート」 の詳細についてはこちらのページを確認していただたきたい。

関連記事
iPhone 13 Pro レビュー | 高性能トリプルカメラでステキな風景を瞬時保存。新プロセッサ&ProMotionテクノロジーで画面動作ヌルサクに
iPhone 13 mini レビュー | 手のひらにスッポリ収まるミニ新型モデル、その良いところと残念なところ
Apple Watch Series 7 レビュー (ステンレススチール) 画面がさらに大きくなった新型モデル、どんなユーザーにオススメ?

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。