ソフトバンク、MNP転出料・事務手数料などの各手数料を3月17日に無料化

2月18日、ソフトバンクは2021年3月17日より各種手数料を無料化することを発表した。

無料化されるのは、MNP転出手数料や事務手数料、契約解除料など。一部は昨年10月に発表されていたが、一部新たに無料化が発表されたものがある。また、無料化を行う具体的な日付が今回新たに発表されている。

MNP転出手数料や事務手数料などの各種手数料が3月17日から無料に

無料化されるのは以下の3点。

  • すべての受付窓口におけるMNP転出手数料3,300円(税込)
  • ウェブで手続きする場合の事務手数料 (新規契約・のりかえ・機種変更・契約変更) 3,300円(税込)
  • ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOのブランド間乗り換えの際に、契約解除料10,450円(税込)と店頭手続きにおける契約事務手数料3,300円(税込)をキャンペーンで無料に

ブランド間ののりかえ時における契約解除料・契約事務手数料の無料化については、すでにソフトバンクとワイモバイル間では無料になることが案内されていたが、さらに 「LINEMO」 間とののりかえ時でも無料化されることが案内されている。

ちなみにソフトバンクは、今回の手数料の無料化に加えて、ブランド間ののりかえ時におけるSIMロック解除を不要にすることや、契約手続きの簡素化を2021年夏以降に実施することも明らかにした。これらの詳細については今後改めて発表があるものとみられる。

関連記事
ソフトバンク新ブランド、名称は 「LINEMO」 。3月17日に提供開始へ 最安料金を2,480円に引き下げ
ソフトバンク、ワイモバイル間の店舗での乗り換え時の契約事務手数料も無料化。2021年春以降から

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。