ソフトバンク、動画SNS放題プラン 「ウルトラギガモンスター+」 の対象サービスにAmazon Prime Videoを追加

Softbank

12月18日、ソフトバンク株式会社は同社が提供する動画SNS放題プラン 「ウルトラギガモンスター+」 に、Amazon Prime Videoを追加することを発表した。追加は2020年1月31日から。

ウルトラギガモンスター+のギガノーカウントにAmazon Prime Videoが追加

「ウルトラギガモンスター+」 は、月額7,480円(各種割引で初年12ヶ月は月々最安3,480円)で50GBのデータ通信が利用できる大容量データプランだが、本プランには特定の動画サービス・SNSで使用したデータ通信量がカウントされない 「ギガノーカウント」 が用意されており、いくら利用しても月々のデータ通信量を消費することなく各種サービスを利用することが可能だ。

これまでのギガノーカウントは、YouTubeやAbemaTV、TVer、GYAO!、Hulu、LINE、Instagram、Facebook、Twitter、TikTok、kurashiru、スタディサプリ/スタディサプリ Englishが対象だった。これにAmazon  Prime Videoが追加されることで合計13のサービスでデータ通信量を気にせず利用することができる。

Amazon Prime Video

Amazonの有料会員サービス 「Amazonプライム」 向けに提供されている映像配信サービス。月額500円あるいは年間4,900円を払うことで、Amazon Prime Videoで配信される全タイトルが視聴可能。

もちろん、Amazon Prime Videoを視聴するにはAmazonプライム会員である必要があるが、年間4,900円/月額500円とそう高額でもないため、これを機会に登録してみるのも悪くないかもしれない。Amazonプライム会員への登録はこちらから

関連記事
Amazonプライムの年会費をAmazon Mastercardゴールドカードで安く抑える方法

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。