ソフトバンクとワイモバイル、VoLTE国際ローミングの提供を開始 対象事業者はまずは韓国SK Telecomから

海外で高音質通話が可能なVoLTE国際ローミング。ソフトバンクが本日から同サービスの提供を開始したことを発表した。

このVoLTE国際ローミングが提供されたことによって、ソフトバンク (ワイモバイル含む) のVoLTE対応機種同士であれば、日本と対象国間、もしくは対象国内の通話に限って高音質な通話が利用可能になる。

サービス開始当初の対象事業者は韓国SK Telecomのみだが、対象国や地域、対象事業者は順次拡大予定だという。

VoLTE国際ローミングを利用するには 「世界対応ケータイ」 への加入が必要になるので、その点については注意が必要だ。ちなみに、通話料は事業者毎に設定されているローミング料金と同額であるとのこと。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。