【朗報】iOS 9の時計がズレる問題が解決?

iOS9.0.1

先日、iOS 9にすると一部のユーザーで内蔵時計がズレる現象が起きている問題が発生していることをお伝えした!
関連記事iOS 9で「時計がズレる不具合」が発生中!

僕も持っているiPod touchでこの現象が起きていて、144秒も時間がズレていた(幸い普段使いする機種ではないので問題はなかった)。
この問題の解決方法はなく困っていた人も結構多かったようだが、直す方法を発見した(直ったのは僕だけなのかもしれないが)のでお伝えする!

最新のパブリックベータ3を導入したことで直りました!

昨日配布されたiOS 9.1 パブリックベータ3 (13B5130b)を導入することで直ったのだ!

情報通信研究機構の日本標準時のサイトで測ったところ、なんと、こんな結果が!

iOS時間のズレを直す方法

今までの144秒のズレが解消されている!

おそらくだが、パブリックベータ3には時計のズレを直す修正が入っていたのだろう。パブリックベータが導入できる機種であれば直すことができそうだ(これはあくまで僕のデバイスが直った方法で、全員直るかは分からない)。

正規版のiOS 9.1は現時点では配布されていないので、今も時計がズレている正規版ユーザーは、まだしばらく待つ必要があるかもしれない。だが、どうしても時計を直したいという方はApple Beta Software Programに参加して、最新のパブリックベータ版を導入してみるといいかもしれない。(もし導入して直った場合は、直ったことを報告してくれたらありがたい!

記事の下に、パブリックベータとは何か分からない人のために説明を書いておいたので参考にしてほしい。

パブリックベータとは

パブリックベータ版とはAppleが実施しているApple Beta Software Program参加者が導入できるOSのこと。参加者は、正規版iOSを一般のユーザーに配布する前に、今後配布されるiOSをテストすることができるという仕組み。

パブリックベータへの参加方法

まだAppleはパブリックベータへの参加者を募集しているようだ。自分の端末をApple Beta Software Programに登録し、構成プロファイルをダウンロードすることで導入することができる。以前に書いた記事で詳しく書いているので、こちらを参考にしてほしい。
関連記事iPhone 6sにiOS 9.0 パブリックベータを導入する方法

あと、もしパブリックベータに参加していて正規版に直したくなったらダウングレードする方法もあるので、パブリックベータを導入する前に、こちらも一度見ておいて欲しい。
関連記事iOS9.1パブリックベータから正規版iOS9にダウングレードする方法

 

ちなみにだが、普段使いのパブリックベータの導入はあまりオススメしない。Appleが一般ユーザーに配布するOSではないので、バグなど何らかの不具合が存在する可能性がある。不具合の状態によっては普段の生活に支障をきたす可能性があるため、普段使いの機種(特に仕事などに使うデバイス等)の導入は控えておいたほうがいいだろう。

 

まだ現段階では、パブリックベータ版でしか対策方法はない(そもそも効果があったのは僕だけだったのかもしれない)。早いところAppleには「時計のズレ問題」の対策をしてもらいたい。この問題については進展があり次第、また報告いたします!

 

追記 (10 /04/2015) : この問題について、僕は現在直っている状態だが、一部のユーザーではまだ直っていない方もいるようだ。全員がこの方法で直っているわけではないので、パブリックベータを導入するかしないかはよく検討してからにしてほしい。なお一部の報告によるとApple Watchと関連づけしたiPhoneはズレることがないとの報告もある。

正式にAppleから修正の報告がない限り、時計については疑って見た方がいいかもしれない。

iOS9.0.1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう