SonosがリヴァプールFCとパートナーシップ締結。スポーツチームとの提携はSonosにとって初

8月11日、オーディオブランドSonosは、リヴァプールFCとパートナーシップを締結したことを発表した。パートナーシップは今後複数年にわたるもので、スポートチームとのパートナーシップはSonosにとって初めて。

SonosとリヴァプールFCがパートナーシップ提携

Sonosは、8月に開幕する新シーズンより公式サウンドパートナーとなる。リヴァプールFCのホームスタジアムであるアンフィールドの屋内ラウンジや選手用エリアのほか、チームの練習拠点であるAXAトレーニングセンターにおいて、没入型のサウンド体験を提供する。さらに、試合を盛り上げ、ファンが愛するサッカーのリズムやチームを密接に結びつけるようなオーディオ製品・コンテンツを提供するとしている。

今回のパートナーシップ締結に際して、Sonosのマーケティング バイス・プレジデントPete Pedersen氏、リヴァプールFCのコマーシャル・ディレクターMatt Scammell氏は、以下のコメントを発している。

Sonos マーケティング バイス・プレジデントPete Pedersen氏
「サウンドは、スポーツにとって欠かせない要素の一つです。選手たちが試合に向けて気持ちを高めるために聴く音楽や、スタンドのファンの歓声、あるいはスタジアムにいるかのような体験を自宅で再現する場合など、サウンドはあらゆる試合に活気をもたらします。私たちは、Sonosのサウンドに対する情熱を共有できるチームとそのファンを探していたのです。アンフィールドの熱狂的な雰囲気と伝統的な音楽文化のおかげで、リヴァプールFCはSonosにとって完璧なパートナーとなりました。

リヴァプールFCコマーシャル・ディレクターMatt Scammell氏
「LFCとSonosは、サウンド体験に対して多大なる情熱を共有しているという点で、高い親和性を持っています。サウンドは、アンフィールドを特別な場所にしてくれています。私たちのサポーターが『12番目の選手』としてチームを応援してくれるとき、試合の流れを一変させるようなサウンドが生まれます。今シーズンはそのようなサウンドが聞けるのを楽しみにしています。Sonosとの提携により、世界中のサポーターとアンフィールドのサウンドを結び付けることができると期待しています。」

関連記事
Sonos、ポータブルスマートスピーカー 「Sonos Roam」 発表。AirPlay 2対応、2021年夏に国内発売
Sonos Arc 先行レビュー | リッチな音楽体験ができるネットワークサウンドバー

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。