Sonos、新型ワイヤレスサブウーファー 「Sonos Sub Mini」 発表。10月6日に国内発売、本日より予約開始

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

9月14日、Sonosは新型ワイヤレスサブウーファー 「Sonos Sub Mini」 を発表した。販売価格は64,800円(税込)、国内発売は10月6日を予定している。

新型ワイヤレスサブウーファー 「Sonos Sub Mini」 登場

Sonos Sub Miniは、Wi-Fi経由でSonosのスピーカー群に接続することで低音を強化できるワイヤレスサブウーファー。Sonosのサブウーファーの新しいスタンダードモデルとなる製品だ。

従来まで、Sonosのサブウーファーとしてはプレミアムモデルの 「Sonos Sub (Gen 3)」 のみが販売されていたが、新たにSonos Sub Miniがラインナップに加わり、Sonos Sub Miniがスタンダードモデル、Sonos Sub (Gen 3) がプレミアムモデルという位置付けとなる。

Sonos Sub Miniの特長は、コンパクトでどんな場所にも置くことができ、本格的な低音を実現してくれること。本体は円柱状のデザインが採用されていて、本体サイズは高さ305mm、直径230mm。重量は6.35kg。カラーはホワイトとブラックの2色が用意されている。

円柱状のデザインはどの角度から見ても美しく、いくつもの賞を受賞しているSonos Subのデザインを踏襲しているという。部屋のインテリアに自然に溶け込み、目立ちすぎないデザインのため、どんな場所にも違和感なく置くことが可能だ。

本体内部には、カスタム設計された2つの6インチウーファーが搭載。ノイズやガタつきを起こすことなくダイナミックな低音域を生み出し、楽曲に深みを持たせてくれる。

高度なデジタル信号処理によって低音レスポンスが最大化され、大型サブウーファーに匹敵する豊かな低音域を生み出してくれる。また、内部の2つのウーファーは内側を向くように配置されていることで、フォースキャンセリング効果を実現しているという。

Sonos Sub MiniをSonosシステムに接続するのはとても簡単で、アプリの説明に従って画面を数回タップするだけ。Wi-Fiは、高速で信頼性の高い5GHz帯の周波数を用いているため、音の遅延に悩まされることはほぼないはずだ。

SonosのサウンドバーなどとSonos Sub Miniを接続することで、低音を調整する役割をSonos Sub Miniが担うため、サウンドバー側が低音の調整に時間を取られず、良さを最大限に活かせるようになる。低音や高音、ラウドネスなどを手動で調整したい場合は、アプリ内の設定から可能だ。そのほか、iOSデバイスで設定された部屋の音響特性を測定し、最適なチューニングを施す 「Trueplay」 にも対応する。

Sonos Sub Miniが推奨される部屋サイズは小さめ〜標準的な大きさとしていて、テストは30平米の部屋で行ったとのこと。日本の住宅は世界的にも小さめであることから、リビングなどの部屋でも十分に使用できるものと思われる。

組み合わせるスピーカーとしては、Sonos Beam、Sonos Rayなどのサウンドバーや、Sonos One/One SL、SYMFONISKスピーカー、Sonos Ampなどが挙げられている。Sonos Arcなどのようなプレミアムなスピーカーと組み合わせる場合には、Sonos Sub Miniだと出力が足りないことがあるため、従来のSonos Subの方がオススメであるとのことだ。

Sonos Sub Miniの価格は64,800円(税込)。国内発売は10月6日を予定している。

(画像提供:Sonos)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Sonos および Sonos 製品名は、Sonos, Inc.の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。