ソニー、新型フルサイズミラーレス 「α7R IV」 発表 初の6,100万画素センサー搭載

現地時間7月16日、ソニーは新型ミラーレス一眼カメラ 「α7R IV」 を発表した。価格は3,500米ドル、2019年9月に発売予定。日本での販売価格・発売時期については今後発表されるものとみられる。

ソニーの新型ミラーレス一眼カメラ 「α7R IV」 が発表

「α7R IV」 は、2017年11月に発売したミラーレス一眼カメラ 「α7R III」 の後継モデル。新型の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー 「Exmor R」 を搭載し、フルサイズカメラとしては世界初の6,100万画素に対応した (前モデルは4,240万画素) 。

イメージセンサーのダイナミックレンジは15ストップ、10枚/毎秒のAF/AE追従連写で最大68枚まで撮影できる。さらにイメージセンサーを半ピクセルずつ動かして16枚の写真を連写合成する 「ピクセルシフト」 機能が搭載、約2億4000万画素の高解像度撮影も可能だ。

「α7R IV」で撮影された写真 (img via Sony)

ボディ内手ブレ補正機能は 「α7R III」 と同じく5軸5.5段。ファインダーには576万画素のUXGA有機ELディスプレイが採用、高解像度化した。さらに防滴・防塵性能も向上するなど耐久性能もアップグレードされている。

もちろんリアルタイム瞳AFにも対応する。ただし、「α7R IV」 の場合は静止画だけでなく動画でも利用できるように。

動画は全画素読み出しによる4K撮影が可能。S-Log2/3とHLGにも対応する。

記録メディアスロットは従来通り2つ。どちらもUHS-IIに対応し、USB Type-CやWi-Fiを使ったデータ転送も可能だ。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3
ソニー(SONY) (2017-11-25)
売り上げランキング: 92,589
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。