「Xperia 10 II」 正式発表 スペック・新機能・発売日まとめ

2月24日、ソニーはXperiaのYouTube公式チャンネルにてプレスカンファレンスビデオを公開。次期ミドルシップスマートフォン 「Xperia 10 II」 を発表した。

「Xperia 10 II」 は、2019年に発売した 「Xperia 10」 の後継機種。読み方は 「エクスペリア テン マークツー」 。発売時期は未定ながら、日本を含むグローバルで販売する予定。ちなみに日本市場で 「Xperia 10」 シリーズが投入されるのは初めてとなる。

ディスプレイ

「Xperia 10 II」 はXperiaシリーズの中でもミドルクラスの位置付けとなるモデルだ。

画面アスペクト比21:9の縦長6.0インチ有機ELディスプレイを搭載し、画面解像度はフルHD+(1080×2520)。縦長の画面を生かして、映画やミュージックビデオなどを画面全体で楽しめるほか、2つのアプリを縦に同時表示しながら作業することも可能だ。

上下それぞれに表示した2つのアプリは、新搭載の 「マルチウィンドウスイッチ」 機能によって、スライドするだけで簡単に切り替え可能。動画を見ながらSNSを閲覧するなどの「ながら操作」がより快適なものに。

本体背面はガラス素材のパネルが採用されており、ミドルクラスながらも高級感は失われていない。本体サイズは69×157×8.2mm、重量は約151グラムで、軽量&コンパクト。ちなみに防水・防塵等級はIP65/68となっている。

端末底部にはUSB Type-Cコネクタが搭載されているほか、3.5mmイヤホンジャックが本体上部に搭載、ハイレゾ音源を再生することが可能だ。バッテリー容量は3,600mAh。

ちなみに、同時に発表された 「Xperia 1 II」 は5Gに対応する一方で、「Xperia 10 II」 は5Gに対応しない。

背面カメラ

背面カメラは縦並びのトリプルレンズ仕様。800万画素の超広角レンズ(16mm)、1,200万画素の標準レンズ(26mm)、800万画素の望遠レンズ(52mm)が搭載され、好きな画角で撮影することが可能だ。焦点距離は上位モデルと同じだが、上位モデルに搭載されているような瞳AFなどのハイエンドカメラ機能は搭載されていない。

プロセッサ

搭載されるプロセッサはQualcommのSnapdragon 665。内蔵RAM(メモリ)容量は4GBで、ストレージ容量は64GBとなっている。

カラーラインナップ・発売日・価格

「Xperia 10 II」 のカラーラインナップはブラック・ホワイト・ミント・ブルーの4色。価格・発売時期については現時点でアナウンスされていないが、日本市場での投入が予定されていることのみ告知されている。詳細については判明次第追ってお伝えしたい。

最新Xperiaを各キャリアのオンラインショップでチェック
▶︎ NTTドコモau by KDDIソフトバンク

スペック表

  Xperia 10 II
ディスプレイ 6インチ有機ELディスプレイ
画面比率 21:9
解像度 FHD+ (2520×1080)
背面カメラ 3眼カメラ
26mm(広角):12MP / F2.0 / 77°
52mm(望遠):8MP / F2.4 / 45°
16mm(超広角):8MP / F2.2 / 120°

・2倍光学ズーム
・10倍デジタルズーム

動画撮影 4K動画
スローモーション (120fps)
前面カメラ 8MP / F2.0 / 84°
プロセッサ Snapdragon 665
RAM+ROM 4GB+128GB
外部ストレージ microSDXC (最大1TB)
SIM Nano SIM + Nano SIM (microSDカードスロットと兼用)
OS Android 10
バッテリー容量 3600mAh
外部ポート USB Type-C
3.5mmオーディオジャック
ワイヤレス充電 ×
生体認証 指紋認証 (本体側面)
防水性能 IP65/68
通信 5G:非対応
802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
サイズ 157 × 69 × 8.2 mm
重量 151g
カラー ミント / ブルー / ホワイト / ブラック
最新Xperiaを各キャリアのオンラインショップでチェック
▶︎ NTTドコモau by KDDIソフトバンク
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。