ソニー、「WF-1000XM4」 正式発表。10%小型化&LDAC対応した新型完全ワイヤレスイヤホン

米国時間6月9日、ソニーは新型完全ワイヤレスイヤホン 「WF-1000XM4」 を正式発表した。日本での市場想定価格は3万3000円前後(税込)。発売は6月25日を予定している。

▼ 以下サイトで 「WF-1000XM4」 を予約する

新型完全ワイヤレスイヤホン 「WF-1000XM4」 発表

「WF-1000XM4」 は、業界最高クラスのノイズキャンリング機能、ハイレゾ音質に対応したハイエンド型完全ワイヤレスイヤホン。2019年に発売した 「WF-1000XM3」 の後継モデルだ。

「WF-1000XM4」 の特徴は、先代モデルの良さを継承しながら小型化と高音質化、バッテリー持ちの改善を実現した点。ソニーの発表によると、「WF-1000XM4」 は先代モデル 「WF-1000XM3」 から10%の小型化を実現したとのこと。バッテリケースも40%小型化されており、持ち運びがしやすくなっている。

それにも関わらず、バッテリー持ちは最大8時間(ノイズキャンセリング機能オフでは最大12時間)に改善。先代モデルは6時間だったことから、2時間伸びたことになる。

バッテリーケースを併用すると合計24時間の再生が可能。ちなみに、バッテリーケースの充電はUSB-Cポートで行うが、Qi規格のワイヤレス充電にも対応している。

「WF-1000XM4」 のポイントのひとつは音質の向上。ソニー独自のBluetoothコーデック 「LDAC」 をサポートし、最大990kbpsの転送に対応し、ハイレゾ音源で音楽を再生することが可能だ。

本製品には、新開発の 「V1」 チップが搭載されており、周囲のノイズを除去できるアクティブノイズキャンセリング機能(ANC)が利用できる。アンビエントサウンドモード(外音取り込み機能) にも対応しており、外の音をマイクで取り込むことも可能だ。

ユーザーの声に反応して音楽を一時停止し、より周囲の音が聞こえるようにする 「スピーク・トゥ・チャット」 機能にも対応。ビームフォーミング マイクと骨伝導センサーによって、ユーザーが話していることを認識することで実現しているとのこと。これらのマイク、センサーは通話品質の向上にも役立てられている。

左のイヤホンを指で抑えて一時的に音楽の音量を下げられる 「クイックアテンション」 機能も利用可能。コンビニでちょっとしたものを買いたい時などに使用すると便利かもしれない。

ノイズキャンセリング機能とアンビエントサウンドなどは左のイヤホンをタップで切り替えられる。右のイヤホンをダブルタップすることで次のトラックに移行することが可能だ。

防水性能はIPX4程度。ワークアウトや雨の中で使用することも可能になった。

ただし残念な点として、「WF-1000XM4」 は2台以上のデバイスと同時接続することができなくなっている。多くのハイエンドイヤホンはこれに対応しており、スマートフォンとパソコンと同時に接続することで、シームレスに再生デバイスを変えられることができるものだが、「WF-1000XM4」 はこれをサポートしないため注意が必要だ。

「WF-1000XM4」 のカラーラインナップはブラックとプラチナシルバーの2色。日本での市場想定価格は3万3000円前後(税込)。発売は6月25日を予定している。Amazonでの予約はこちらから可能だ。

▼ 以下サイトで 「WF-1000XM4」 を予約する

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。