ソニー、「Xperia PRO-I」 発表。像面位相差AFを備えた1.0型イメージセンサー搭載5Gスマホ

10月26日、ソニーは像面位相差AFを備える1.0型イメージセンサーを世界で初めて搭載した5Gスマートフォン 「Xperia PRO-I」 を発表した。価格はオープンで、市場推定価格は198,000円(税込)前後。発売は12月15日を予定している。

発売に先立ち、ソニーストアならびにソニーの直営店 「ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」 、一部の通信事業者、家電量販店、ECサイトで10月26日より順次予約受付が開始される。

1.0型イメージセンサー搭載の新型5Gスマホ 「Xperia PRO-I」 発表

「Xperia PRO-I」 はカメラ性能に特化した新型スマートフォンで、最大の特徴は像面位相差AFを備える1.0型イメージセンサー 「Exmor RS」 を世界で初めて搭載したこと。

同イメージセンサーはソニーのコンパクトカメラ 「RX100 VII」 に搭載されている1.0型の大型イメージセンサーをスマートフォン向けに最適化したもので、高感度・低ノイズ性能と広いダイナミックレンジ、美しいぼけ味など、圧倒的な描写力を実現している。

また、拘束性と追随性に優れた像面位相差AFを備えていることで、被写体を高速かつ高精度に捉え続けることができる。ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ 「α1」 にも搭載されている、「リアルタイム瞳AI」 や 「リアルタイムトラッキング」 での静止画撮影、さらには動画撮影時の 「瞳AF/オブジェクトトラッキング」 にも対応している。

背面カメラは超広角(16mm, F2.2)+広角(24mm, F2.0/F4.0)+望遠(50mm, F2.4)のトリプルカメラ構成で、被写体までの距離を測定する3D iToFセンサーも搭載している。画素数はいずれのカメラも1200万画素だ。広角カメラはF2.0とF4.0の可変絞りに対応しており、被写界深度をコントロールして撮影の自由度を高めている。ちなみに、いずれのカメラもZEISSレンズが採用されている。

また、近年賑わいを見せている動画投稿市場に着目し、さまざまな撮影環境に応じて柔軟に撮影できる 「Videography Pro」 アプリを新たに搭載。フォーカスや露出、ホワイトバランスなどの設定を素早く直感的に、かつ正確に調整可能だ。

さらに動画撮影時にも 「瞳AF/オブジェクトトラッキング」 に対応することで、被写体に高精度でピントを合わせ続ける動画の撮影が可能になった。動画撮影は4K/120fpsの高画質・ハイフレームレートに対応している。

「Xperia PRO-I」 は6.5インチの4K HDR対応有機ELディスプレイを搭載しており、撮影した写真や動画を細部まで確認しながら編集できる。リフレッシュレートは120Hzに対応する。

SoCはSnapdragon 888 5Gで、RAM容量は12GB。ストレージ容量は512GBで、さらに最大1TBのmicroSDXCに対応しているため、大容量のデータを保存可能。バッテリー容量は4500mAhと大容量で、IP65/68の防水・防塵に対応している。おサイフケータイにも対応するため、スマートフォンとしての性能も申し分ないだろう。

「Xperia PRO-I」 の価格はオープンで、市場推定価格は198,000円(税込)前後。発売は12月15日を予定している。

■ 関連リンク
ソニー株式会社 ニュースリリース

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。