ソニー、「ソニーグループ」 に社名変更へ ソニーの名はソニーエレクトロニクスが継承

5月19日、ソニーは商号を 「ソニー株式会社」 から 「ソニーグループ株式会社」 に変更することを発表した。2020年6月26日に開催される株主総会の決議案件として付議し、発足は2021年4月1日付で行われる。

ソニー、商号を 「ソニーグループ株式会社」 に変更

ソニーの商号変更は、グループ本社機能とエレクトロニクス事業の本社間接機能を分離・再定義するため。「ソニーグループ株式会社」 とすることで、グループ本社機能に特化した会社として定義。経営の効率をさらに向上させる狙いがある。

ソニーグループの主なミッションは、以下の3つ。これらを長期視点でグループ全体の価値向上の観点から行うとしており、商号変更の2021年4月に向けて詳細な機能・組織・人員の設計を行なっていく。

①事業ポートフォリオ管理とそれに基づくキャピタルアロケーション
②グループシナジーと事業インキュベーションによる価値創出
③イノベーションの基盤である人材と技術への投資

また、「ソニー株式会社」 の 「ソニーグループ株式会社」 への商号変更にともない、「ソニーエレクトロニクス株式会社」 が 「ソニー株式会社」 の商号を受け継ぐとのこと。ソニーエレクトロニクス株式会社はソニーグループの祖業であるエレクトロニクス事業を行う会社。現在の事業セグメント名で言えばエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション分野にあたる。

「ソニーエレクトロニクス株式会社」 は今後、傘下の事業会社・プラットフォーム組織のさらなる一体運営の推進、組織・人材・事業ポートフォリオの最適化、新規事業の推進をもって競争力強化を図るとしている。

さらに金融事業の成長およびガバナンスの強化として、ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社の完全子会社化も発表。約3995億円を投じて同社のTOB(公開買付け)を行うという。

関連記事
SIE、新ゲームブランド 「PlayStation Studios」 発表。独占作品のクオリティ保証 PS5とともに登場へ
ソニー、PS5のロゴを正式発表。5つの製品特徴も改めておさらい

[ image via ソニー公式サイト ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。