ソニー、リング型の完全ワイヤレスイヤホン 「LinkBuds」 正式発表。価格は179.99ドル

現地時間2月15日、ソニーは新型完全ワイヤレスイヤホン 「LinkBuds」 を発表した。価格は179.99ドルで、米国では本日から販売が開始される。

追記

国内での発売は2月25日になることが案内された。想定税込価格は23,000円前後で、本日よりソニーストアAmazon.co.jpなどで予約受付が開始されている。

リング型の完全ワイヤレスイヤホン 「LinkBuds」 発売

「LinkBuds」 は完全ワイヤレスイヤホンを再定義する、全く新しいコンセプトのもとで開発した完全ワイヤレスイヤホン。

これまでの完全ワイヤレスイヤホンと大きく異なるのは、イヤホン形状がまるでドーナツのようなリング型になっている点。

ソニーはこのリング式デザインのことをオープンリングデザインと呼んでいる。普通であれば音楽に集中できるよう耳を完全に塞ぐ構造を取るところ、「LinkBuds」 はオフラインの音を聞きながら、オンラインのコンテンツを楽しめるオープンリングドライバーを採用している。

穴が空いているため周囲の音を消し去ることはできないが、一方で周囲の音が聴けるため音楽や動画・ゲームなどを楽しむとき以外にも装着することが可能。一方でコンテンツなど楽しむには、搭載されているアクティブノイズキャンセリング機能がノイズを削減。ノイズの少ない環境でコンテンツを楽しむことができる。

内蔵されるプロセッサは、WF-1000XM4などにも採用されているV1統合プロセッサ。クリアなミッドハイレンジでバランスの取れた高品質のサウンドを楽しむことができる。DSEEオーディオアップスケーリングにも対応するが、ハイレゾ音源の再生が可能なコーデックLDACには対応しない。対応コーデックはSBC、AAC。

また、周囲の音に合わせて音量を最適化するアダプティブボリュームコントロール機能や、高い没入感を味わえる360 Reality Audioも利用可能。

イヤホンは耳の内側にすっぽりと収まる超コンパクト設計。重量は約4gと軽量。1日中つけていても快適に使用できる。

音楽の再生・停止などのコントロールは、LinkBuds本体をタッチするのではなく、左右どちらかの耳の前をダブルタップもしくはトリプルタップすることで操作できる。

本製品はジャイロセンサーと立体音響技術を使用した新たなサウンド体験を作り出すべく、複数のパートナー企業と提携しているとのこと。マイクロソフトとは共同で展開する 「Soundscape」プロジェクトの一環として、周囲の道路や交差点などの情報を空間オーディオによって立体的に知らせる機能を提供。スマートフォンを見ながら歩いたり、視線外のものに気づけるなどアシストすることが可能。また、目の不自由な方も安心して街を歩けるようにする体験も提供できるという。

『ポケモンGO』や『ピクミンブルーム』などで知られるNianticとは本イヤホンを活用したARゲーム体験も提供する予定だという。

また、本製品は頬をタップすることでSpotifyを操作できるなどのユニークな機能 「Spotify Tap」 も搭載される。ヘッドホンを装着し、頬をタップするだけで中断した音楽の再生を再開することが可能。別のデバイスで聞いているサウンドをシームレスに移動して、イヤホンから聴くことが可能だ。

なお、「LinkBuds」 はAndroidスマートフォンとの高速ペアリング機能 「Google Fast Pair」 および、PCとの簡単ペアリング 「Swift Pair」 機能をサポート。音声アシスタントは、GoogleアシスタントとAmazon Alexaに対応する。

バッテリー持ちは、本体バッテリーのみで最大5.5時間、充電ケースでの充電込みで合計最大17.5時間。万が一バッテリーがなくなってしまった場合には、わずか10分の充電で最大90分の音楽再生が可能なクイック充電も利用できる。

本体はIPX4程度の防滴・防汗に対応。雨やスポーツ時の使用も安心だ。

「LinkBuds」 は米国時間2月18日に発売予定で、価格は179.99ドル。すでに国内の公式サイトにも特設ページが用意されており、国内でも発売が案内されるものとみられる。詳細は日本時間2月16日午前10時に公開予定だ。

関連リンク:Sony Truly Wireless Earbuds | LinkBuds

追記

国内での発売は2月25日になることが案内された。想定税込価格は23,000円前後で、本日よりソニーストアAmazon.co.jpなどで予約受付が開始されている。

(画像:ソニー)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。