ソニー、任天堂、Microsoftが 「ゲームの安全性向上」 に向けた共同声明を発表

12月15日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントと任天堂、Microsoftは、「ゲームの安全性向上」 に向けた共同声明を発表した。

この声明は、ユーザーがゲームを安全に楽しめるようにするための横断的取り組みを3社が共同で行うことを示したもの。各社はそれぞれのゲームハードにPlayStation Network、Nintendo Switch Online、Xbox Liveというオンラインサービスを提供しているが、これらは他のプレイヤーたちと簡単に繋がることができる反面、ハラスメントなどユーザーの安全を確保しづらい場合がある。

今回のパートナーシップは、ゲームをプレイする際の安全性を高め、すべてのユーザーにゲームをエンターテインメントとして楽しんでもらえる環境を作ることを目的としている。具体的には以下の3つの指針に基づいて取り組みを行なっていくとのこと。

防止:適切なゲーム体験についての理解を促進します

  • ユーザーの皆さまがゲーム体験をカスタマイズできるように管理機能を提供いたします。お子さまが適切にゲームを楽しむために、必要なツールや情報の提供を通じて、保護者の皆さまをサポートいたします。
  • 安全性を高めるための機能は、便利で使いやすいものであるべきです。安全性を高めるツールの情報を製品、カスタマーサポート、ウェブサイト、販売店等を通じて、より多くのユーザーや保護者の皆さまにお届けしてまいります。
  • 行動規範、利用規約、およびこれらの施行を通じてユーザーと保護者の皆さまに継続的に情報をご提供いたします。
  • 不当な行為やコンテンツによりユーザーの皆さまが被害を被ることのないよう、これを阻止するためのテクノロジーに投資いたします。

パートナーシップ:ユーザーの皆さまの安全を守るため、ゲーム業界、規制当局、司法機関、そしてコミュニティとの連携に努めます

  • 業界全体で安全性を高めるという強い意志を持つことが重要です。ゲーム業界とすべてのユーザーの皆さまため、業界内での協力を通じて、私たちはより安全なゲーム体験をご提供できると考えています。
  • 業界団体、業界内各社、規制当局、司法機関、専門家と協力して、オンライン環境での安全性を高める取り組みを展開および発展させてまいります。
  • 業界のための共同研究を実施してまいります。
  • いかなる状況でもヘイトやハラスメント、または低年齢のユーザーの皆さまが不利益を受ける事態は避けなければなりません。安全にゲームをお楽しみいただくための行動や、悪質な利用者に対処するための通報ツールの使用を、ユーザーコミュニティと協力しながら奨励いたします。
  • ESRBやPEGI、CEROなどのレーティング機関と協力し、ゲームが適切なレーティングを受けられるようにいたします。

責任:すべてのプレイヤーの皆さまために、プラットフォームの安全性を高めます

  • ユーザーの皆さまが簡単に行動規範の違反を通報できるようにいたします。また、当該コンテンツの削除だけでなく、サービスの利用制限など、違反プレイヤーに対して適切な法的措置を取ります。  
  • 現地の法律に従い、司法機関からのあらゆる合法的な要求に対応いたします。違反行為が確認された場合や、ユーザーが直ちに被害を受ける危険性が高いと思われる場合は、すみやかに法執行機関に通報いたします。 
  • プラットフォームをお使いいただく際のルールと要件を公開いたします。通報されたプレイヤーがプラットフォームを引き続き使用する場合、それらの要件を理解することを条件といたします。

また、これらを実現するためには高度なテクノロジーやユーザーコミュニティからの協力、専門家の知識が必要とし、各社はゲームの安全性向上に対する取り組みに投資していくと宣言している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。