欧米ソニー、PS Vitaのパッケージソフト生産を2019年3月に終了へ

いよいよ「PS Vita」は、過去のものとなろうとしているのかもしれない。

海外メディアKotakuは、SIEA(ソニー・インタラクティブ・エンターテイメント・アメリカ)とSIEE(ソニー・インタラクティブ・エンターテイメント・ヨーロッパ)が、PS Vitaのパッケージソフトの生産を終了する計画であると伝えている。

PS Vitaのパッケージソフトは来年に生産終了に

生産終了は2019年3月31日。2018年6月まではPS Vitaの全パッケージ版ソフトのプロダクトコードの提出が受け付けられる予定で、2019年2月15日までは購入注文を受け付ける。パッケージ版はそれ以降は購入することができなくなるとのことだ。

PS Vita愛好家からすればあまり信じたくない話かもしれないが、Kotakuはソニーの広報担当者に対しメールで問い合わせたところ、実際にPS Vitaのパッケージソフトに関しては生産を終了する計画であることを認め、確認が取れているという。

ただし、デジタル版に関してはしばらく継続される予定であるとのことで、PS Vita自体はまだしばらくは現役機としていられるようだ。

今回の話はあくまでも海外ソニーだけの話で、日本においても同じ対応かどうかは現時点では不明となっている。ただし、ソニーはPS PlusのフリープレイのラインナップからPS Vitaソフトの配信を2019年2月で切ることを明らかにしていたことから、やはり同ハードの終わりは刻一刻と近づいているのかもしれない。

[ via SlashGear / img via Mohamed Zahid ]

実況パワフルプロ野球2018 - PSVita
コナミデジタルエンタテインメント (2018-04-26)
売り上げランキング: 74
ペルソナ5 ダンシング・スターナイト - PSVita
アトラス (2018-05-24)
売り上げランキング: 173
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。