ソニーが再び価格改定。9月1日より129製品が約8%値上げ

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

8月24日、ソニーマーケティングは、日本国内向けに販売している一部製品のメーカー出荷価格を改定・値上げすると発表した。価格改定は計129製品に及び、平均で約8%値上げが行われる。新価格は9月1日より適用される。

対象商品は、ブルーレイディスクレコーダー、デジタル一眼カメラ、デジタル一眼カメラα [Eマウント] 用レンズ、デジタルスチルカメラ、プロフェッショナルカムコーダー、ポータブルオーディオプレーヤー、アクティブスピーカー、ネックスピーカー、ラジオ、CDラジオ・ラジカセ、ICレコーダー、集音器、記録メディアなど。対応製品の一覧はこちらのリンクから確認可能だ。

値上げの理由について、ソニーマーケティングは 「昨今の外部環境の影響を受け、原材料費、製造・物流コストなどが高騰しているため」 と説明している。なお、ソニーマーケティングはは今年4月にも、一部製品の販売価格を最大31%値上げしている。

(画像:ソニーマーケティング)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。