ソニー、「WF-1000XM4」 の初音ミクコラボモデル発表。本日より注文受付開始

ソニーマーケティングは、完全ワイヤレスイヤホン 「WF-1000XM4」 の初音ミクとコラボで誕生した特別モデル 「WF-1000XM4/MK」 を発表。本日10月21日より予約受付を開始した。

価格は34,000円(税込)。注文受付期間は2022年1月11日10時まで。カラーはブラックとプラチナシルバーの2色。

「初音ミク」 特別デザインの完全ワイヤレスイヤホン 「WF-1000XM4/MK」 ソニーストアで注文受付開始

「WF-1000XM4/MK」 は、年月に発売したソニーの完全ワイヤレスイヤホンをベースに、初音ミクのオリジナルデザインを刻印したモデル。2021年8月に開催された初音ミク公式VRテーマパーク『ミクランド』を記念した製品だ。

左側イヤホン部分に初音ミクのオリジナルデザインを刻印し、右側には 「ナンバー」 「モチーフ」 の2種類のデザインから選び刻印できる。付属する充電ケースには初音ミクの文字が刻印される。

また、初音ミク公式VRテーマパーク『ミクランド』のイベントタイアップ曲『満開ダイビング』のハイレゾ音源をダウンロードして楽しめるmoraミュージッククーポンIDが同梱される。

「WF-1000XM4/MK」 は、ソニーのインターネット直販サイト 「ソニーストア」、ソニーの直営店 「ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」 、全国のe-ソニーショップにて購入可能だ。

「WF-1000XM4」 は、業界最高クラスのノイズキャンリング機能、ハイレゾ音質に対応したハイエンド型完全ワイヤレスイヤホン。2019年に発売した 「WF-1000XM3」 の後継モデルだ。

同コラボモデルのベースとなる 「WF-1000XM4」 は、先代モデルの良さを継承しながら小型化と高音質化、バッテリー持ちの改善を実現したモデル。先代モデル 「WF-1000XM3」 から10%の小型化を実現したにも関わらず、バッテリー持ちは最大8時間(ノイズキャンセリング機能オフでは最大12時間)に改善。バッテリーケースを併用すると合計24時間の再生が可能だ。バッテリケースも40%小型化されており、持ち運びしやすくなっている。

本製品はソニー独自のBluetoothコーデック 「LDAC」 をサポートし、最大990kbpsの転送に対応。ハイレゾ音源で音楽を再生することが可能だ。また、新開発の 「V1」 チップの搭載により、周囲のノイズを除去できるアクティブノイズキャンセリング機能(ANC)が利用できる。アンビエントサウンドモード(外音取り込み機能) にも対応しており、外の音をマイクで取り込むことも可能だ。

関連記事
ソニー、「初音ミク」 デザインのヘッドホン 「WH-1000XM4/MK」 注文受付開始

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。