新幹線駅の中で回線速度最速を誇るのはどのキャリア?

大手3キャリア

回線速度の計測といえば様々な場所で行われているが、今回ブロードバンド情報サイト「RBB TODAY」が、全国全ての新幹線駅でdocomo、au、ソフトバンクの大手3大キャリアの回線速度の計測していたので紹介する。

大手3キャリアを5路線で計測

東海道新幹線、山陽新幹線、東北新幹線、北陸新幹線、九州新幹線の、5路線全89駅での計測結果が公開された。

計測方法としては、au、ドコモ、ソフトバンクのiPhone 6sを使用し、それぞれにインストールさせた「RBB SPEED TEST」という無料の通信速度測定サービスで回線速度を3回ずつ計測し、その平均値を比較する、というもの。

全5路線の中4路線でauが強い!

下のグラフにまとめてあるので見て欲しい。左から東海道、山陽、九州、東北、北陸新幹線の順で記載している。グラフを見ての通り、東海道、山陽、東北、北陸新幹線でauが他社を上回るという結果に。

speedtest-shinkansen1

特に際立っているのが、東海道新幹線のdocomoとauの数値が4倍近く差が開いていることだ。docomoがどの駅でも平均8Mbpsしか通信スピードがないのに対して、auは37.96Mbpsも出ている。

全路線を平均化してみた!

speedtest-shinkansen2

全5路線の通信スピードをキャリアごとに平均化してみると、1位がauの31.53Mbps、2位がSoftbankで23.66Mbps、3位がdocomoで20.82Mbpsという結果になった。

各社得意な地域、不得意な駅があるようで、一概にどのケータイキャリアが良いとは言えないが、総合するとauが他社より10Mbps近く早い結果に。

新幹線に乗る機会が多い人は、auに乗り換えてみると良いかもしれない。

RBB TODAYのサイトで、各新幹線ごとに全駅の計測結果がまとめられているので、自分が普段使う路線のスピードをチェックしてみよう。

東海道新幹線
山陽新幹線
九州新幹線
東北新幹線
北陸新幹線

[ via RBB TODAY ]

大手3キャリア
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう