Spigen、初代iPhoneやiMac G3仕様の「iPhone X」ケースを正式発表

先日から、米Spigenの公式Twitterアカウントは、初代iPhoneや「iMac G3」のデザインを採用した「iPhone X」用ケースの発表を示唆するようなツイートを投稿していたが、ついにその全貌が正式発表されている。

今回Spigenが発表したのは、「Classic C1」と「Classic One」という名称の「iPhone X」用ケースだ。

このうち、「Classic C1」は1998年に発売した「iMac G3」のデザインが、「Classic One」は2007年に発売された初代iPhoneのデザインが採用されたケース。ケースの内側にはTPUが、外側にはポリカーボネートが使用されており、耐衝撃性に優れているのが特徴だ。

カラーラインナップは、「Classic C1」が「Bondi Blue」「Graphite」「Snow」「Sage」「Ruby」の全5種類、「Classic One」は初代iPhoneと同じカラーのものが1種類だけ用意されている。

これらのケースは、クラウドファンディングサイトの「Indiegogo」で購入することが可能。「Classic C1」と「Classic One」の両方を同時に購入できるセットや、「Classic C1」の全カラーを購入できるセットもあるので、自分の欲しいケースもしくはセットを購入していただければと思う。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。