Spigen、「Classic One」の国内での予約受付を開始 初代iPhoneのデザインを採用したiPhone Xケース

5月15日、Spigenは「iMac G3」や初代iPhoneのデザインを採用したiPhone X用ケース「Classic C1」と「Classic One」を発表。すでにIndiegogoで販売を開始していたが、このうちの「Classic One」の国内での予約受付が開始されている。

今回予約受付が開始されたのは、初代iPhoneのデザインを採用した「Classic One」。上下のツートンカラーといい、質感といい、初代iPhoneを忠実に再現しているのが特徴だ。

しかし、ただデザインだけにこだわっているだけではない。側面にはデュアルレイヤーTPUとポリカーボネートを採用し、四隅にもエアクッションを設けることで、落下の衝撃をやわらげ、iPhoneへのダメージを少なくするよう設計されている。

初代iPhoneのデザインを再現しつつ、iPhoneを衝撃から保護できることが売りの「Classic One」は、すでにAmazonで予約受付が開始されている。価格は4,390円(税込)で、発売は6月18日だ。

最新の「iPhone X」を使いながらも、昔の懐かしいiPhoneに思いを馳せることができる「Classic One」。気になる方はぜひ購入してみてはどうだろうか。予約は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。