新型4インチ型iPhoneの「iPhone SE」のケースをSpigenが開発していることが明らかに

Appleは今月21日に新型4インチ型iPhoneである「iPhone SE」を発表すると言われているが、デザインは「iPhone 5s」とほぼ同じのものになると予想されている。

リーク情報もある程度出尽くし、あとは発表を待つだけといった状況になってしまっているわけだが、ここに来て新情報が登場しているのでお伝えする!

Spigenの「iPhone SE」用ケースがリーク レンダリング画像が公開

MacRumorsによると、スマホケースメーカーのSpigenは「iPhone SE」用のケースを開発しており、そのレンダリング画像を公開している。

spigen-for-iphonesecase2

こちらがそのレンダリング画像だが、iPhone SE」のデザインや操作ボタンの配置は「iPhone 5s」とほぼ同じ。「iPhone SE」の電源ボタンは本体の上部に配置し、側面には音量調節ボタンとマナーモード切替えスイッチが存在することがしっかりと確認できる。

音量調節ボタンも「iPhone 5s」の時の丸型ボタンで、当時のデザインとほとんど違いがないように見える。

spigen-for-iphonesecase1

一部報道では、曲面ガラスを採用していると言われていたが、横から見た時の画像を見ると画面の盛り上がりがほとんどないことが分かる。そしてカメラについても特段突起のなさそうな形状をしているようなので、「iPhone 5s」と同様、800万画素のカメラになる可能性が高い。

ちなみに、MacRumorsによると、複数のアクセサリーメーカーから「iPhone SE」は「iPhone 5s」と同じサイズのものになると聞いているようだ。この情報が正しければ、「iPhone 5s」の頃のiPhoneケースを流用することができることが考えられる。

そろそろ発表会の日程を記した招待メールが、各メディアに送信されると思われるのだが、まだその情報は出ていない。21日に開催されるとしたらそろそろ招待メールが到着するころだと思うのだが…

[ via MacRumors ]

spigen-for-iphonesecase2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう