Spotify、Apple Watchの楽曲ダウンロードとオフライン再生に対応。数週間以内で利用可能に

5月21日、米Spotifyは、Apple Watchにおける楽曲ダウンロード機能およびオフライン再生機能を追加実装することを発表した。

Apple Watchにおける楽曲ダウンロード機能とオフライン再生機能が実装

この機能は、Spotifyで配信されている楽曲をApple Watchにダウンロードし、オフラインで再生できるようにする機能。現行では、Apple Watchに楽曲をダウンロードすることはできず、再生には常にインターネット接続が必要だが、今後のアップデートによってApple Watchに楽曲をダウンロードすることが可能になる。ダウンロードに対応するのは個別楽曲やプレイリスト、アルバムなど。

実際にApple Watchに楽曲データをダウンロードするには、①Apple Watchにダウンロードしたい楽曲やポッドキャストを見つけ、プレイリストやアルバム、ポッドキャストから 「Apple Watchにダウンロード」 を選択。②ダウンロードが完了すると、楽曲名の隣に小さな緑矢印が表示され、再生を開始することが可能になるとのこと。

Spotifyからダウンロードした楽曲は、Siriに 「Hey Siri, XXXを再生して」 と言うことで、iPhoneと同じように楽曲を遠隔で再生することが可能。

利用できるユーザーは、Spotify Premiumに加入するユーザー。対応デバイスはwatchOS 7以降のApple Watch。具体的にはApple Watch Series 3以降が利用可能だ。また、Apple Watchにおけるオフライン再生は96kbpsとなるとのこと。

この機能は今後、数週間以内で利用可能になるという。

関連記事
Apple Music、ロスレスオーディオや空間オーディオに対応。6月から追加費用なしで利用可能
Apple Musicのロスレスオーディオ、AirPods・AirPods Pro、AirPods Max、HomePodはサポートせず

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。