Spotify、ポッドキャストサブスク提供開始。まずは米国から、今後数ヶ月で拡大予定

現地時間4月27日、音楽配信サービスのSpotifyは噂されていたポッドキャストのサブスクリプションサービスの提供を開始した。

Spotify、ポッドキャストのサブスクリプションサービスを提供開始

Spotifyのポッドキャストサブスクサービスは、リスナーが特定の番組の限定コンテンツを有料で視聴できる、あるいは広告なしで視聴できるサービス。利用料金は毎月2.99ドル、4.99ドル、7.99ドルのいずれかで、このどれかを採用するかは配信側に委ねられる。

作成者は当初2年間は無料でポッドキャスト番組を提供できるため、収益のすべて(支払い取引手数料をのぞく) を受け取れるという。まずは12のポッドキャストが同サービスを利用したサブスクの提供を開始し、今後数ヶ月以内にさらに多くのクリエイターに解放されるとのことだ。

なお、提供国はまずは米国のみとなっているが、今後数ヶ月で提供国は拡大するとのこと。日本での提供開始時期については現時点では未定となっている。

関連記事
「Apple Podcast サブスクリプション」 5月に提供開始。同社初のポッドキャストのサブスクサービス

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。