SpotifyがApple Watch専用アプリをリリース オフライン再生にも対応予定

現地時間11月13日、定額制音楽配信サービスのSpotifyは、Apple Watch 専用アプリを正式にリリースした。このアプリを利用することで、Apple Watchから音楽の再生コントロールができるようになった。

Apple WatchでSpotifyの再生をコントロールできるように

Spotifyがリリースした Apple Watch専用アプリでは、音楽の再生・停止・最後に再生した中から楽曲選択が可能。つまり、iPhoneなどのスマートフォンをポケットやカバンから取り出すことなく、Spotifyの再生・停止ができるように。もちろん、その日の気分じゃない時は音楽をスキップすることもできる。

また、接続するイヤホンやスピーカーの選択も可能で、例えばGoogle HomeからSonosスピーカーへ再生デバイスをスムーズに切り替えることが可能だ。残念ながらHomePodsはSpotifyに対応していないため、再生することはできない。

ちなみに、音楽のボリュームはデジタルクラウンをクルクル回すことで調節できる。とても直感的だ。

オフライン再生は現時点では利用できないが、今後のアップデートで追加することを予告している。オフライン再生が利用できるようになれば、いよいよApple Watchとワイヤレスイヤホンだけあれば、いつでも音楽の再生ができるようになる。

最近、Apple Watchからアプリの撤退が相次いでいる。撤退の主な理由は「利用者が少ないから」 なのだが、SpotifyのApple Watch対応はユーザーの使いやすさを拡張するのにまさに最適だ。

専用アプリを利用するためには、Apple WatchとペアリングしたiPhoneから、Spotifyアプリをアップデートする必要がある。アップデートはいつも通り、App Storeから可能。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。