Google StadiaのコントローラーがBluetooth接続をサポート。アップデートは2023年内まで可能

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

今月18日にサービスが終了するGoogleのクラウドゲームサービス 「Stadia」 。サービス終了にあわせて、純正コントローラーのアップデートが配信される。

同アップデートを適用することで、純正コントローラーはBluetooth Low Energyをサポートし、各デバイスとBluetoothでの接続が可能になる。

これまでStadiaの純正コントローラーは、遅延を少なくするためWi-Fiでの接続方式が採用されてきた。しかし、ユーザーからの要望に応じる形で、サービス終了とともにBluetoothでの接続をサポートする。

コントローラーのアップデートは、Googleが提供するセルフサービスツールを利用する。Googleのブラウザ 「Google Chrome」 を介して提供されるため、WindowsやmacOSなど様々な環境で利用することが可能だ。

注意していただきたいのは、一度アップデートするとBluetoothがアンロックされる代わりにWi-Fiとの接続が無効化されるということ。

また、有線ヘッドホンをStadiaのコントローラーに挿して使っていた場合も利用不可になるため、同時に両アクセサリを使用したい場合はそれぞれBluetoothでデバイスと接続する必要がある。

Bluetoothが有効化されると、コントローラーのステータスLEDがオレンジ色に点滅するようになり、StadiaボタンとYボタンを2秒間押し続けることで、デバイスとBluetoothで接続できるようになるという。

アップデートは本日より2023年12月31日まで提供されるとのこと。利用したい方は同日までにアップデートを完了しておこう。

関連記事
Google Stadia、2023年1月18日にサービス終了。Stadia関連ハードウェアやソフトウェアはすべて返金予定

(画像:Google)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。