スターフライヤー、機内Wi-Fiを導入。2023年1月にエアバス A320neo導入で

6月29日、スターフライヤーは2023年1月にエアバスの 「A320neo」 を導入することを発表した。同機体を導入することで、ついにスターフライヤーは機内Wi-Fiが利用できるようになり、乗客は飛行中でもインターネット接続することが可能に。

スターフライヤー、エアバス 「A320neo」 導入で機内Wi-Fiが利用可能に

スターフライヤーが導入する 「A320neo」 は、A320ceo型機の後継機。エアバスの最新客室である 「Airspace」 を採用し、全席配置していたシートバックモニターが廃止され、機内Wi-Fiのほか、より多くの荷物を収納できる頭上手荷物棚 「Airspace Bin」 、ムードライティングや抗菌加工が施された新しい化粧室デザインが導入される。

この新仕様を採用した 「A320neo」 は、2023年1月に就航予定。なお、この 「Airspace」 を導入した国内航空会社はエアバスがはじめてであるとのことだ。

「A320neo」 は最新エンジンを搭載し、従来方から燃費効率が約20%改善され、騒音面においても約50%低減されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。