次回 「State of Play」 は2月3日午前7時に配信。『グランツーリスモ7』30分にわたる初公開映像、ゲームプレイ詳細をお届け

1月31日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation新作タイトルの最新情報を発表する 「State of Play」 を2月3日(木)午前7時に配信すると発表した。

番組は、YouTubeのPS公式チャンネル(米国)およびTwitchで視聴することが可能。日本語ナレーション対応も予定している。

今回の 「State of Play」 では、来月に発売を控えた『グランツーリスモ7』のゲームプレイの詳細を、PlayStation 5で撮影した30分を超える初公開映像とともに特集でお届けするとのこと。

番組は、日本時間2月3日(木)午前7時から配信開始となる。『グランツーリスモ7』の発売を楽しみにしている方はぜひ視聴を。

『グランツーリスモ7』とは

『グランツーリスモ7』は、2020年に発表されたリアルドライビングシミュレーター『グランツーリスモ』シリーズの最新作。レース、コレクション、チューニング、リバリーデザイン、フォトモードなど 「グランツーリスモ」 シリーズにおけるすべての楽しみがつまった作品と発表されている。

収録車は420種類以上。比類ないディテールで再現されたクラシックカーや、最先端のスーパーカーなどが収録。

収録コースのレイアウトは90種類以上。「トライアルマウンテン」 「ハイスピードリンク」 などシリーズを象徴する歴史的サーキットが復活。時代にあわせてレイアウトの一部に手が加えられているだけでなく、天候や時間経過による光の変化などリアルに描写する。PS5では、その表現力に合わせてよりディテールに富んだリッチな表現が可能だという。

予約特典として提供される3台

また、『グランツーリスモ7』ではシリーズファン待望の 「GT キャンペーンモード」 が再び収録される。車両の購入や売却、チューニングなど……レースをしながら最新のクルマやチャレンジをアンロックし、シングルキャンペーンを進められる。

そのほかにもアーケード、ドライビングスクールといったさまざまなゲームモードのコレクションから、レーサー、カジュアルなドライバー、コレクター、チューナー、デザイナー、フォトグラファーなど、自分だけのプレイスタイルや楽しみを見つけることができる。

世界中のロケーションで愛車の撮影ができる 「スケープス」 。今作では43の国や地域、2,500ロケーションを超える撮影スポットで撮影できるとのこと。レイトレーシングやHDR技術により、よりリアルな撮影が可能になっている。撮影した写真はほかプレイヤーに共有することも可能だ。

『グランツーリスモ7』の対応プラットフォームはPS4とPS5。発売は2022年3月4日(金)を予定。各エディションの特典についてはこちらの記事でまとめている。

画像:ソニー・インタラクティブエンタテインメント

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。