Valve、Steam Linkを拡張 「Steam Link Anywhere」 発表 いよいよ自宅外でもSteamゲームが遊べるように

外出中でもSteamゲームが遊びたいーー。そんなSteam廃人のニーズに応えるべく、Valveは 「Steam Link Anywhere」 を開発した。

3月14日(現地時間)、Steamの運営元のValveはこれまでの 「Steam Link」 サービスを拡張した 「Steam Link Anywhere」 をローンチすることを発表している。

自宅以外のネットワークからもSteamゲームが遊べるように

今回発表された 「Steam Link Anywhere」 は、PCで起動したSteamゲームを他のデバイスにストリーミングするサービス。これまでもSteam LinkというストリーミングデバイスやAndroidなど一部デバイスに 「Steam Link」 アプリが提供されており、他デバイスでもSteamゲームをプレイすることは可能だったが、同サービスは自宅内のローカルネットワーク内でしか利用することができず、ひとたび自宅を離れればSteamゲームをプレイすることはできなかった。

しかし、「Steam Link Anywhere」 は多くのSteamゲーマーの望みを叶えるため、自宅外からでもアクセスできるように変更している。「Steam Link Anywhere」 を利用するための唯一の必須要件は、ホストコンピュータの適切なアップロード接続と、プレイするためのデバイスへの適切なネットワーク接続。これを満たすことができれば旅行先や出張先のホテルなど、世界中のどこにいてもSteamゲームをプレイ可能だ。

当初はアーリーベーター版として提供される予定で、ゲーミングPCに新しいSteam Linkのベータ版 (build 688) をインストールすることで利用可能になる。

「Steam Link Anywhere」 のストリーミングに対応するデバイスは、AndroidとRaspberry Pi、そしてValveから販売されたSteam Linkデバイス (現在は販売終了) 。ちなみに、iOSデバイスについてはAppleがSteam Linkアプリをリジェクトしたおかげで 「Steam Link Anywhere」 は利用できない。ValveとAppleは協力してSteam Linkアプリのリリースに動いているとしていたが、その後の情報がないため今後利用できるようになるかは不明だ。

この 「Steam Link Anywhere」 は、ゲーム開発者のイベント 「GDC 2019 (Game Developer Conferance 2019)」 に先駆ける形で発表された。ゲームのストリーミングサービスは他のプラットフォームも開発・リリースしており、今月7日にはSONYの 「PlayStation 4」 がiPhoneやiPadでリモートプレイできるようになり話題となった。ただし、PS4のリモートプレイに関してはWi-Fi環境下でプレイする必要がある。

【国内正規品】 Steamコントローラ
Valve(販売元デジカ) (2016-11-24)
売り上げランキング: 1,383

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。