iOS版 「Steam Link」 アプリがリリース Apple TV向けアプリも登場

Steamのゲームがモバイルデバイスで遊べる 「Steam Link」 アプリがようやくiOSにも配信開始。5月16日、Steamを運営するValveは、Steam LinkアプリをiOS向けに提供開始した。iPhone/iPadユーザーはApp Storeからダウンロードすることが可能だ。

「Steam Link」 がようやくiOS向けに配信開始

「Steam Link」 は前述の通り、MacやWindows PC内にあるSteamゲームをストリーミングしてモバイルデバイスで遊べるように作られたアプリ。昨年5月にiOS/Android向けに同アプリの提供が開始されていたが、アプリ内でSteamゲームが購入できるなど一部App Storeのガイドライン違反が見つかったことから、Appleからアプリの配信が止められていた

その際、Appleの上級副社長フィル・シラー氏が、Steamアプリの提供に向けてValveと動いていることを明らかにしていた。実際、今回リリースされた改良版 「Steam Link」 アプリには直接Steamゲームを購入できる画面は存在しない。これで、ようやくiOSデバイスからSteamのゲームが遊べるように。

ちなみに、iOS版のリリースと同時に、Apple TV向け 「Steam Link」 アプリも提供がスタート。Apple TVをお持ちの方は大画面でSteamゲームを遊ぶことも可能だ。

同アプリを利用するには5GHz帯でのWi-Fi環境(もしくは有線通信)が必要だ。また、Steamを実行するコンピュータとローカルネットワークで接続する必要があるなど、いくつかの制約もある。ちなみに、Steamは今年3月に世界中のどこでもSteamのゲームがストリーミングで遊べるようにする 「Steam Link Anywhere」 を発表しているが、同サービスはまだアーリーベータ段階で、Appleのサービス下ではまだ利用することができないようだ。

【関連記事】Valve、Steam Linkを拡張 「Steam Link Anywhere」 発表 いよいよ自宅外でもSteamゲームが遊べるように

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。