Steamにゲームストリーミング機能 「Steam Remote Play」 が実装 外出先でもSteamゲームが遊べるように

現地時間14日、Valveは同社のゲームプラットフォーム 「Steam」 のクライアントアプリに、新機能として 「Steam Remote Play」 を実装した。

同機能はもともと 「In-Home Streaming」 という名称で提供されていたサービスだが、これに外部ネットワークからでもアクセスできるよう、「同一ネットワーク上からのみ接続を許可する」 という制限を取っ払い、新たに名称が変更されたのが今回の 「Steam Remote Play」 となる。

In-Home Streaming
同一ネットワーク上に存在するPCに対してSteamゲームをリアルタイムストリーミングする機能。2014年にSteamで正式リリース。

「Steam Remote Play」 では自宅外のネットワークでSteamのゲームがプレイ可能だ。もちろん、モバイル通信環境下であってもプレイ可能。ただしプレイするにはPC側とモバイル端末側に良好なネットワーク接続が必要である上に、モバイル通信環境下では多くのデータ通信を必要とするため、たとえ大容量のデータ通信プランを契約している方でも、同機能を使う際は注意が必要だ。

また、この機能は試験的に導入されている機能で、正式実装ではないようだ。とはいえ、すでに安定的に使用できているため、外出先でゲームをプレイしたくなったら、同機能を活用してみてはどうだろうか。

ちなみにValveは、Steamのゲームをモバイル端末でプレイできる 「Steam Link」 アプリをiOS/Android向けに提供しているが、同アプリを使うことで、同一ネットワーク外のスマートフォンやタブレットでSteamゲームをプレイできるようになっている。

Xbox One  ワイヤレス コントローラー (ブラック)
日本マイクロソフト (2016-11-28)
売り上げランキング: 378
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。