SteelSeries、新ゲーミングマウス 「Aerox 3 2022 Edition」 12月10日発売。数量限定色 「Ghost (Ghost ホワイト)」 も用意

スティールシリーズジャパンは、新型ゲーミングマウス 「Aerox 3 2022 Edition」 を12月10日より国内で販売する。取扱店舗は全国の家電量販店およびAmazon。数量限定カラーとなる 「Ghost (Ghost ホワイト)」 は Amazon内のSteelSeries Official Storeにて販売される。

▼ 「Aerox 3 Wireless 2022 Edition」 を購入する
SteelSeries 公式サイト
・Amazon

▼ 「Aerox 3 Wireless 2022 Edition (Ghost ホワイト)」 を購入する
・Amazon

▼ 「Aerox 3 2022 Edition」 を購入する
SteelSeries 公式サイト
・Amazon

超軽量ゲーミングマウス 「Aerox 3 2022 Edition」 発売

「Aerox 3 2022 Edition」 は、本体に穴を開けたデザインが特徴の超軽量ゲーミングマウス。重量はわずか59〜68gであるため、軽量なマウスが好みのユーザーに合う製品となっている。

マウス底面に高品質100%バージングレードPFTEマウスソールを備え、従来製品よりさらに滑らか、かつ素早い動きを実現した。また、8,000万回のクリックにも耐えられる耐久性能をもち、防水・防塵性能もIP54と、マウスとしてはそれなりのタフネス仕様となっている。

ワイヤレスモデルのGhostホワイト

「Aerox 3 2022 Edition」 には有線モデルである 「Aerox 3 Snow 2022 Edition」 と、ワイヤレスモデル 「Aerox 3 Wireless Snow 2022 Edition」 に加えて、色違いの 「Aerox 3 Wireless Ghost 2022 Edition」 が用意されている。

  • Aerox 3 Snow 2022 Edition (ホワイト)
  • Aerox 3 Wireless Snow 2022 Edition (ホワイト)
  • Aerox 3 Wireless Ghost 2022 Edition (Ghost ホワイト)

ワイヤレスモデルは、バッテリーが内蔵されている関係で有線モデルよりも9gほど重くなっている。搭載センサーはSteelSeriesのオプティカルセンサー 「TrueMove Air」 が用いられ、最大100〜18,000CPI、400IPS、最大加速度40Gのセンサー性能を備えるほか、チルトトラッキング機能にも対応。

チルトトラッキングはマウスを持ち上げたあと、傾けたまま置いた場所でも一貫性のあるトラッキングができるというもの。激しいゲームプレイシーンにおいて視点のスピンアウトが起きるのを防ぐことが可能だ。バッテリー連続駆動時間は200時間、15分の充電で15時間使用できる。また、充電しながらのプレイにも対応する。

有線モデルは、「TrueMove Core センサー」 が搭載される。解像度は200~8,500CPI、300IPS、35Gのセンサー性能を備える。ケーブルは新開発の柔軟性・軽量を実現するメッシュケーブルで、ケーブルの存在が気にならないように設計されている。

カラーラインナップは、有線・ワイヤレスモデルの両方にSnow (ホワイト) が用意されるほか、ワイヤレスモデルには数量限定カラーとして 「Ghost (Ghostホワイト)」 が用意される。

価格はオープンで、市場想定価格は有線モデルの 「Aerox 3 Snow 2022 Edition」 が8,226円(税込)、ワイヤレスモデルの 「Aerox 3 Wireless Snow 2022 Edition」 および 「Aerox 3 Wireless Ghost 2022 Edition」 が12,620円(税込)となる。発売はいずれも2021年12月10日を予定している。

▼ 「Aerox 3 Wireless 2022 Edition」 を購入する
SteelSeries 公式サイト
・Amazon

▼ 「Aerox 3 Wireless 2022 Edition (Ghost)」 を購入する
・Amazon

▼ 「Aerox 3 2022 Edition」 を購入する
SteelSeries 公式サイト
・Amazon

SteelSeriesはSteelSeries ApSの登録商標または商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。