SteelSeries、eスポーツ向けゲーミングマウス 「Prime」 シリーズ3機種発表。ヘッドセット 「Arctis Prime」 も登場

7月6日、SteelSeriesはeスポーツ競技向けゲーミングデバイス 「Prime」 シリーズを国内投入することを発表した。

SteelSeries 「Prime」 シリーズが7月9日から順次発売

投入される製品は以下の4製品。いずれも今年5月にグローバルで発表されていた製品で、マウス3製品、ヘッドセット1製品が投入される。

製品名 発売時期 参考価格(税込)
Prime 2021年7月9日(金) 7,920円
Prime+ 2021年8月下旬以降 10,560円
Prime Wireless 2021年7月30日(金) 18,480円
Arctis Prime 2021年7月30日(金) 13,200円

Prime

オプティカルセンサー 「TrueMove Pro」 搭載の18,000CPI、450IPS、最大加速度50Gの性能を持つ有線ゲーミングマウス。

69gの軽量設計で手の疲労が軽減するほか、高い耐久性を備えたボタンを搭載し、快適なプレイングをアシスト。

価格はオープン、参考価格は7,920円。2021年7月9日(金)に発売予定。

Prime+

最上位オプティカルセンサー 「TrueMove Pro+」 を搭載し、18,000CPI、450IPS、最大加速度50Gの高いトラッキング性能を持つ。

また、リフトオフ計測センサーやOLEDディスプレイを搭載し、ポーリングレート、RGB、リフトオフ距離、CPIの各設定を完全にオンボードでカスタマイズ可能。リフトオフ計測センサーは浮かせた状態での誤作動を防ぐほか、非常に低く正確なリフトオフが可能でスピーディーなプレイングをサポートする。

価格はオープン、参考価格は10,560円。2021年8月下旬以降に発売予定。

Prime Wireless

オプティカルセンサー 「TrueMove Air」 を搭載し、18,000CPI、400IPS、最大加速度40Gの性能を持つワイヤレスゲーミングマウス。Quantum Wireless 2.0テクノロジー採用で、ワイヤレスでありながら超低遅延を実現。快適な操作性でラグのないプレイが可能としている。

フル充電時には100時間連続でプレイ可能。15分の充電で15時間使用できる。また、充電しながらのプレイもできるため、安心してプレイに集中できる。

価格はオープン、参考価格は18,480円。2021年7月30日(金)に発売予定。

ヘッドセット 「Arctis Prime」

高い遮音性とゲームサウンドに最適化されたオーディオドライバーにより、高いクオリティのサウンドと通話を実現したヘッドセット。

イヤーカップ上部にボリューム調整ダイヤルとミュートスイッチを配置し、ケーブルが干渉することなく最適な音声環境を作り出せる。

アルミニウム合金とスチール素材により優れた耐久性と軽量化を実現。また、没入感を高めるため周辺音を遮断する最新合皮素材のイヤークッションと、スキーゴーグルヘッドバンドを使用。長時間プレイでも持続する快適さとノイズアイソレーションを両立している。Discord認定のClearCastマイクロフォンも搭載。

価格はオープン、参考価格は13,200円。2021年7月30日(金)に発売予定。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。