ディズニーの動画配信サービスの名称は 「Disney+」 に決定 Star Warsの新ドラマが配信予定

米ディズニーが用意している独自の動画配信サービスの名称が決まった。

ディズニーの発表によると、名称は 「Disney+」 。同サービスは2019年に開始する予定となっており、ディズニーの持つ動画コンテンツが定額制で配信される。

動画配信サービス 「Disney+」 は2019年にサービス開始

これまでディズニーは動画配信の巨人 「Netflix」 の下でコンテンツを提供してきたが、これからは自前のプラットフォームのみで配信をする予定。

ウォルト・ディズニーの作品はもちろん、ルーカスフィルムのStar Warsシリーズやアヴェンジャーズシリーズなどでお馴染みのMarvel作品、ナショナル・ジオグラフィックのドキュメンタリー番組など、多数のコンテンツが含まれる。また、21世紀フォックスの買収によって、さらに多くのコンテンツの配信が可能になる見通しで、「Disney+」 を利用したいと考えるユーザーは結構多くもなりそうだ。

ちなみに、Star Warsの新ドラマシリーズが製作中で、「Disney+」 で配信される予定であることが明かされている。

「Disney+」 は現時点で米国でのサービス提供が予定されているが、日本など他の国での配信についてはアナウンスされていない。サービス開始は2019年からとなっているため、詳細が判明するにはまだしばらく先になるだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。