Apple、Studio Displayのファームウェアアップデート 「15.5」 配信開始。内蔵カメラ品質が改善へ

現地時間5月16日、Appleは 「Studio Display」 の最新ファームウェアアップデート 「Studio Displayファームウェア・アップデート15.5」 を一般ユーザー向けに提供開始した。本日より同ファームウェアを利用することが可能だ。

今回のファームウェアアップデートを適用することで、Studio Displayの内蔵カメラの映像品質が改善される。内蔵カメラの映像品質については発売当初から先行レビュワーをはじめ多くのユーザーが指摘しており、Appleは品質改善を約束していた。

Apple Studio Displayファームウェア・アップデート15.5 – リリースノート

Apple Studio Display用の適用可能なファームウェア・アップデートがあります。アップデートは、接続されている1台または複数のディスプレイに適用される場合があります。

Appleによると、今回のアップデートでは、Studio Displayの内蔵カメラのチューニング、ノイズリダクション、コントラスト、フレーミングを向上させることができるという。

なお、「Studio Displayファームウェア・アップデート15.5」 は、一般ユーザー向けに配信された 「macOS Monterey 12.4」 をインストールしたMacにStudio Displayを接続し、「システム環境設定」 の 「ソフトウェア・アップデート」 よりインストール可能だ。

関連記事
Studio Display レビュー。Macとズッ友の27インチ5Kディスプレイ。映画を楽しめる高音質スピーカーも魅力
Mac Studio レビュー。お重型の新デスクトップMac、M1 Max / M1 Ultraで27インチiMacを置き換えるか

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。