サントリービール、新しい時間の過ごし方を13ブランドと共同提案 「 #最高の時間 」プロジェクト。WEBや二子玉川 蔦屋家電にて情報発信

サントリービールは “新しい時間の過ごし方” を提案する 「#最高の時間」 プロジェクトを始動させる。

同プロジェクトは、コロナ時代を経て定着しつつあるおうち時間を有意義に過ごす方法を提案するもの。サントリーがプロジェクトの旗振り役となり、13ブランドとともに様々な 「最高の時間」 を発信していく。

おうち時間を有意義に過ごす方法を提案する 「#最高の時間」 プロジェクト始動

プロジェクトは2021年3月29日(月)に開始される。参加ブランドは、家電やガジェット、食器、アウトドアなど多岐にわたるが、業界の枠を超えてそれぞれが公式サイトなどで情報を提供する。また、今後も年間を通じて順次協力ブランドを募集するとのこと。

協力ブランド (※50音順/敬称略)

  • amadana
  • arflex
  • BALMUDA
  • BRUNO
  • DEAN & DELUCA
  • FOOD SUPPLY
  • GoPro
  • IDÉE
  • sio
  • Snow Peak
  • SOLSO HOME
  • VERMICULAR
  • 二子玉川 蔦屋家電

まずは第1弾として特設サイトを開設し、新しい時間の過ごし方をブランド横断で提案していく。

また、「最高の時間」 のある生活を体験できる特別展示イベント 「みんなでつくろう! #最高の時間」 体験展示イベントを、二子玉川 蔦屋家電にて開催する。期間は2021年3月29日(月)から2021年4月4日(日)まで。

同ブースでは、「ちょっといいものやちょっとした工夫で、日々の生活の中に “最高の時間” を作る」 をテーマに、様々なアイデアを紹介している。展示は朝、昼、夕、夜の4つに分かれており、各時間帯・シーンに合うおすすめ商品を用いた 「最高の時間」 を展示する。

「みんなの#最高の時間をつくるアイデア 100展示」 では、来場した方々の 「どんなシーン に何を掛け合わせると最高の時間になるか」 をテーマに募集したアイデアを展示する。

上記展示企画に参加した方には、「ザ・プレミアム・モルツ」 と 「ザ・プレミ アム・モルツ〈香る〉エール」 の試飲缶をもれなく提供する (なくなり次第終了)。

サントリービール 執行役員 マーケティング本部長の和田龍夫氏は、今回のプロジェクト立ち上げの背景として新型コロナウイルスの影響で生活様式の変化をうけて、今年(2021年)はメリハリのある生活にしたいと考えている人が増えている中、一方で自分の時間を上手に使えていないと感じている人が8割強もいると説明する。

そうしたニーズを満たすための方法を提案することで、ポジティブな世の中になることを期待しているという。「共鳴いただいたブランドは現在13社だが、今後も賛同してもらえる企業があればもっと提携していきたい。」 とし、さらなる企業の参画にも期待を寄せる。

さらに 「みんなでつくろう!#最高の時間」 体験展示イベントでは今年4月から販売予定となっている神泡サーバーの先行販売を行う。

本製品は、缶ビールの側面にくっつけて超音波で振動させることで、泡立ちの良いビールを家庭でも楽しめるアイデア商品。これまで年数回のキャンペーン賞品として提供していたが、ついに購入できるようになる。価格は980円(税込)。

先行販売は2021年3月29日(月)から2021年4月4日(日)まで行われるが、数量限定となっているためいち早く欲しいかたはぜひ二子玉川 蔦屋家電へ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。